癒しと上質な生活を手に入れましょう



2021年最新版!施術前に知っておきたいマツエクの種類

Eyelash,Extension,Procedure.,Woman,Eye,With,Long,Eyelashes.,Lashes,,Close

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「メイクの時短ができる」「すっぴんでも目力が出る」などと、さまざまな年代の人たちに人気のまつ毛エクステ。

一口にマツエクといっても、さまざまなタイプのものがあるため、実際に施術する前に知っておきたいことがたくさんあります。

今回は、2021年の最新のマツエク事情や、マツエクの基本やケア、メンテナンスの方法などについて詳しくお話ししていきます。

実際にサロンにいく前にチェックすることで、より自分にあったデザインを選択できるようになりますよ。

目次

1. まつ毛エクステとは?

2. まつ毛エクステをするメリットは?

3. 2021年最新マツエクの選び方
☆選ぶ際のポイント
選び方① まつ毛の本数の目安
選び方② カールの種類
選び方③ 自まつ毛に対する本数
選び方④ 毛質
選び方⑤ 太さ
選び方⑥ デザイン

まとめ

1. まつ毛エクステとは?

Eyelash,Removal,Procedure,Close,Up.,Beautiful,Woman,With,Long,Lashes

マツエクと呼ばれ、自まつ毛に人工のまつ毛をつけることで、まつ毛のボリュームを出すのがマツエクです。

ボリュームを出すだけではなく、長さも出せるため、自分好みのまつ毛へとカスタマイズすることが可能で、多くの女性から人気を集めています。

2. まつ毛エクステをするメリットは?

Beautiful,Woman,With,Long,Eyelashes,In,A,Beauty,Salon.,Eyelash

まつ毛エクステにするメリットはいくつかありますが、主なものは次の通りです。

・目力をアップさせることができる

・すっぴんでも理想のまつ毛をキープできる

・毎日のアイメイクが楽になる

・メイク落としでゴシゴシ擦らなくてもよくなる

このように、あたかも自分のまつ毛自体が増えたかのような仕上がりになるマツエクは、メイクをしたような状態で過ごせるため、あらゆる面で大きなメリットがあるのです。

他にまつ毛をボリュームアップする方法としては、つけまつ毛もあります。しかし、毎日のメイク負担や、自然なみえ方、メイク崩れしにくさ、すっぴんでもまつ毛が盛れるなどの観点から、今ではまつ毛エクステを選ぶ人が増えています。

3. 2021年最新マツエクの選び方

Woman,Face,Close,Up,Beauty,Macro,Eyes,Lips,Skin,Tone

マツエクは、年々進化し、新しくなってきています。ここでは、2021年の最新のマツエクの選び方をご紹介していきたいと思います。基本的な選び方が①〜⑥までありますので、これらを理解してからマツエクを選ぶことで、あなたのなりたい目にぐんと近づくことができますよ。

☆選ぶ際のポイント

まずは、選ぶ際のポイントをお伝えします。

あなたがなりたい目元になるために、つけるまつ毛の①本数、②カールの種類、③自まつ毛に対する本数、④毛質、⑤太さ、⑥デザインを選びます。

その選び方を、順番にみていきましょう。

選び方① まつ毛の本数の目安

マツエクは、つけるまつ毛の本数によって、仕上がりイメージが大きく変わります。これから、両目でのマツエクの本数別に、どんなイメージの仕上がりになるのかをお伝えします。あなたがなりたいまつ毛になるために、本数を選ぶ際の参考にしてくださいね。

80本ー自然な印象キープ

マツエク80本は、かなり自然な仕上がりになります。自まつ毛のような印象をキープしながらも、自分のまつ毛よりはボリュームアップしたみた目を楽しむことができます。メイクに厳しい仕事をしている人や、マツエクをしていることをバレたくない人、初めてで試しにマツエクをしてみたい人などにおすすめの本数です。

100本ーナチュラルに目力アップ

マツエク100本は、目力をアップさせながらも、ナチュラルな印象のままでいられる本数です。「自然なままがいいけど、せっかくなら少しボリュームアップしてみたいかも」という場合は、100本にしてみるとよいでしょう。

120本ー自然にボリュームアップ

マツエク120本は、自然にボリュームアップできる本数です。バサバサするほどは嫌だけど、「やっぱりせっかくマツエクをするのだから、ぱっちりとした目元にしたい」という場合は、120本にするのがおすすめです。比較的定番の本数で、ナチュラルとボリューミーの中間あたりの仕上がりになります。

140本ー濃いめの仕上がり

マツエク140本は、遠目からみても目元が華やかにみえるボリューム感の本数です。ばっちりメイクが好みの方は、140本以上の本数から選ぶとよいでしょう。太さやデザインにもよりますが、かなりしっかりとまつ毛が増えるので、満足な仕上がりになるのではないでしょうか。

160本以上ーしっかりボリューム

160本以上は、しっかりとまつ毛メイクをしたい派の方におすすめの本数です。普段のメイクでも濃く仕上げたい派の方は、160本以上を選択するとよいでしょう。ゴージャスな目元を常にキープできるため、すっぴんや時間のない日のメイクでも、目元の印象を豪華に保つことができます。

選び方② カールの種類

次に、マツエクのカールの種類についてみていきましょう。マツエクは、カールの形や強さにもいくつかの種類があり、そのカールによって目元の仕上がりの雰囲気が変わります。

1. Jカール

Jカールは、何もしていないまつ毛のように、ストレートに近いカールのマツエクです。毛先はそれほどカールしていないので、くりんとした印象ではなく、ナチュラルな印象の目元になります。カールしていない自まつ毛の印象でボリュームアップしたい場合は、Jカールを選択するとよいでしょう。

2. Cカール

Cカールは、軽くビューラーをしたようなくるんとしたカールのマツエクです。ほどよいカールのため、違和感なく自まつ毛となじみつつ、ぱっちりとした目にみせてくれます。

3. SCカール

SCカールは、ビューラーでしっかりめに巻いたときのカールのマツエクです。カールしていることがはっきりわかるので、目力を強調したい人におすすめです。

4. Dカール

Dカールは、SCカールよりもさらにカールが強いマツエクです。くるんと半円を描くくらいのカールです。とことん目力を手に入れたい方におすすめのカールです。

選び方③ 自まつ毛に対する本数

マツエクは、自まつ毛1本あたりに何本のエクステをつけるかという選択があります。その選択によって、目の印象が大きく変わります。シングルラッシュとボリュームラッシュの2つの方法についてみていきましょう。

1. シングルラッシュ

自まつ毛1本に対して、人工のまつ毛を1本ずつ装着していくのが、シングルラッシュです。それほどボリュームを出すわけではないので、自然な仕上がりになります。ナチュラルメイクの方は、シングルラッシュがよいでしょう。

ただし、自まつ毛以上の本数をつけることができないため、自まつ毛が少ない人は物足りなく感じてしまう場合も少なくないといいます。

そんな方は、次にご紹介するボリュームラッシュを検討してみるとよいでしょう。

2. ボリュームラッシュ

自まつ毛1本につき、極細のマツエクを2〜6本以上装着するのが、ボリュームラッシュです。まつ毛が少なくなっている人でも、ボリュームを出すことができます。

エクステの1本1本が軽いので、重さを感じたり、自まつ毛に負担がかかったりすることが極力減らしながら、ボリュームアップすることができるといいます。

選び方④ 毛質

意外に大切なのは、マツエクの毛質です。毛質の選び方によって、つけ心地や仕上がりにかなり違いが出てくるといいます。毛質の選び方をお伝えしたいと思います。

1. セーブル

マツエクの毛質の中で質が高く、断面は円形になっています。セーブルとはイタチ科のテンの毛皮の名ですが、マツエクで使われるのは、本物ではなく人工の毛です。

柔らかく、軽いつけ心地で、自然にボリュームアップすることができます。つけ心地もかなりよく、人気の毛質だといいます。マット感があるため、不自然なツヤがでないのも特徴です。

2. フラットラッシュ

セーブルと似ていて、比較的新しい種類の毛質がフラットラッシュです。こちらは、断面が楕円になっており、円形のセーブルに比べ体積が小さく、軽くなっています。

フラットラッシュとセーブルを同じ本数つけた場合、セーブルの方が密度が高くなり、濃くみえるともいわれています。

3. ミンク

とても柔らかい素材でつけ心地もよく、人気が高いのがミンクです。一般的に、ミンクはいたち科の動物の毛のことをいいますが、マツエクは本物の毛ではなく、ミンクの質感に似たものを人工的に作り出しています。

自まつ毛になじみやすいソフトな素材で、自まつ毛の傷みを最小限に抑えながら、フサフサのまつ毛を楽しむことができます。

4. シルク

マツエクの中でももっともリーズナブルなのが、シルクです。マツエク初期からの毛質で、セーブル、フラットラッシュ、ミンクなどに比べると太く、硬い毛質です。こちらも、本物のシルクではありません。シルクのような光沢がでるため、このように名付けられました。

つけ心地や自然なみた目などは他のマツエクには劣るといわれますが、安価にボリュームを出したい方におすすめです。

選び方⑤ 太さ

マツエクには1本1本の太さがあり、選ぶ太さによって、同じ本数でもエクステの持ちや目の印象が変わります。

シングルラッシュの太さは、代表的なものが「0.1mm」か「0.2mm」で、その間に0.12mm、0.15mm、0.18mmと細かい太さの違うエクステがあります。

自まつ毛が細く柔らかい場合は0.1mm寄りのものを、太くハリがある場合は0.2mm寄りのものを選ぶとよいでしょう。マツエクの持ちがよくなったり、自まつ毛への負担が少なくなったりします。

ボリュームラッシュの場合は、「0.05mm」、「0.06mm」、「0.07mm」が一般的です。数本を束にしてつけるため、シングルラッシュよりも細い毛を使うのが特徴です。

こちらも、自まつ毛の太さや硬さによって、それに合ったマツエクを選ぶことで、持ちがよくなります。お店でアイリストさんに自まつ毛をみてもらい、ぴったりなものを選んでくださいね。

選び方⑥ デザイン

マツエクで大切なのが、デザインです。デザインはほとんどの場合、サロンで担当のアイリストさんと相談して決めます。ただし、相談するからと行って、すべてアイリストさんにおまかせではいけません。

かわいい系、キレイ系、ナチュラル系など、マツエクではさまざまな目元の印象を作り出すことができるのがまつ毛エクステです。自分が望む目元になれるよう、ある程度の希望のデザインや、マツエクの種類と特徴を知っておくことが大切です。

今回ご紹介した、まつ毛のボリューム感、太さ、光沢、質感、デザインの種類などをあらかじめ知っておき、施術当日にスムーズにアイリストさんと相談し、納得のいく施術が受けられるようにしましょう。

当日は、目頭や目尻のまつ毛の長さや種類の調整を行うなどいう、自分では判断のしにくいデザインの相談を、プロであるアイリストさんとできるとよいでしょう。

まとめ

Young,Woman,Makes,Air,Kiss,With,Her,Lips,And,Closes

まつ毛エクステの種類や選び方の目安について知っていただけましたか?

まつ毛エクステは、つけまつ毛などよりも自然な仕上がりで目元の印象をアップさせ、さらには日頃のメイクの負担も減らしてくれる、忙しい現代の女性にはとても嬉しい施術です。

新型コロナウイルスの影響で、自宅ですっぴんで過ごすことや、外出先でも主に目だけがマスクからのぞくという場面が増えましたよね。

目元の印象を上げてくれるマツエクは、そんな生活の中で、私たちの楽さや満足度を上げてくれる、とっておきのアイテムです。ぜひ、あなたもマツエクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

umiwake

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


B-1710_rstuvwxyzea7xdg

カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


kotobagaanatanojinnsei

カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


骨リンパ

カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

shutterstock_683749414

角質層を健康に保つ5つの選択-肌がうるおうシンプルケアとは

2018.05.18

スキンケア


shutterstock_182074958

目尻のシワを改善する4つのケア-5歳若返る目元のつくりかた

2018.05.04

スキンケア


shutterstock_369387344

顔のむくみを解消する2つのアプローチ-リンパの流れを整える

2018.05.02

ライフ


shutterstock_1005731746

Vol.1 人生は春夏秋冬のサイクルでめぐる(春夏秋冬理論)

2018.04.30

來夢の「占いの達人」