癒しと上質な生活を手に入れましょう



Vol.17 風水の知識と密教の法力でディープなお悩みに応える-その②

shutterstock_419753023

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

vol.17金寄先生

金寄泰衍 (かなよりたいえん)

プロフィール
環境プランナー、風水セラピスト、心理カウンセラー、インテリアセラピスト、風水環境システム研究所所長、宇宙派風水気功会日本支部支部長、元NHKカルチャー大阪・青山・光が丘風水学講師。 1951年大阪生まれ。1974年大阪芸術大学環境計画学科卒業。

大学にて、生態学的地域計画・都市計画・ランドスケープデザイン・インテリアデザインなどの西洋の環境デザインを学ぶ中で、東洋の環境思想「風水」に出会い独自に研究を始める。心理療法と環境デザイン、そして風水を統合したインテリアセラピーを開発。風水環境システム研究所を設立、個人鑑定から企業コンサルティング、講演、執筆、及び環境デザインの企画提案と実施を行なっている。

著書『金寄泰衍の風水学校―いま本物を伝える時が来た』『仕事が活きる 男の風水』(ともに祥伝社)など。

主な占術方法:風水、オリジナルの東洋占術

目次

~Vol.17 風水の知識と密教の法力でディープなお悩みに応える-その②~

霊能力よりすごい法力
土地選びには危険がいっぱい
オリジナルの生年月日の占術を編み出す
図形をデザインしたカードで意識を成長させていく
すべては統合の時代になった
メッセージは大阪弁で来る
クライアントをおどかさない
普通のことをちゃんとする大切さ

 

霊能力よりすごい法力

 shutterstock_1134031556

金寄 有名なお寺ではないですが、僕の師匠は密教真言宗界では非常に有名で、「拝める人」でした。

來夢 そうなんですよね。霊能力じゃなく、密教系をちゃんと学んだ人は、拝めるんですよね。

金寄 いわゆる法力がつくんです。霊能力をはるかに越えた力です。

來夢 そう、法力で不動明王や毘沙門天と相談したりすることができるんですよね。だから密教の修行をなさった方は、「霊能力というのはクエスチョンだ」っておっしゃるもんね。

金寄 はい。僕も偉そうに言うたらアカンけど、いろんな神社に行ったら、その土地の神さんに相談される。日本の神さんで一番相談事が多いの、何やと思います? 一番多いのは、「神主を何とかしてくれ」。「金儲けに走って神をないがしろにして、もう降りにくうてしゃあない」、その相談がベストワン。

來夢 本当に金儲けにいきすぎると問題ですけど、存続しなきゃならないっていうのもありますからね。氏子さんが減ったりして。

金寄 存続のためならいいのですが、金儲けが目的になってる人が多いのと、やっぱり風水の考え方が途絶えてしまっているんです。だから、神社のどこにトイレを作ったらいいとか考えないみたいで。方位以前に、土地の氣の流れがあるんですよ。でも、氣の流れの上にトイレを作ったりするんです。

來夢 ただでさえ神様、仏様は不浄を嫌うのにね。氣の流れの上に作ったらダメですね。

金寄 それをなんとかしてくれと。そういう場合は、氣の流れを変えてしまえばいいので簡単なんです。

來夢 そういうときどうするんですか。「おたくの神様に頼まれましたから」って?

金寄 言わない。神様から頼まれたときは、その辺に落ちてる石を使うんです。

來夢 神様から頼まれたから、神社には言わず、先生は無償の奉仕で氣の流れを変える?

金寄 そう。神さんから金はもらえんので。

來夢 偉い(拍手)。

土地選びには危険がいっぱい

 shutterstock_1074250217

――例えばどういう事例があるんですか?

金寄 都内のある有名な神社は、もはや結婚式場になってしまい、参拝するたびに、神さんがいつも嘆かれるんです。土地の氣を整えるのは全然問題ないけど、運営方針を変えるのは無理だからと神さんには言うんです。
別の都内の古い神社さんは、敷地内の建物を壊してマンションを建てました。大阪のお客さんが結婚してそこに住んだのですが、非常に氣が悪くて。僕も調整したんだけど、もともと相性がもう一つだったのもあって、離婚されたんですよね。結局それぞれが最適なパートナー見つけて、別の人生を歩んでいます。それはよかったですけどね。

來夢 やはり結界を壊さざるを得ないじゃない? 神社が悪いわけじゃないと思うんだけど、東京の一等地に土地を持っていると、なかなか存続が難しかったりするんだと思う。

金寄 それは仕方がないですよね。

來夢 でも、やっぱり境内のマンションに住むのも善し悪しですよね。

金寄 今まで鑑定した共通項として、境内があったところに建ってる家は、おかしくなるところが非常に多い。神社からは離れていても、この辺おかしすぎると思ってさらに昔を調べたら、やっぱり境内だったということは多い。

來夢 そうですよね。だって寺社の境内は、昔はもっと広かったわけだし。

金寄 で、切り売りするでしょ。

來夢 やっぱり人の住むところではないんだよね、聖域だから。

金寄 本来は禁足地なんです。なので、その聖域だったところを、神主が俗に還してしまえばいいんですよ。でも、俗に還す力がないから、そのままなんです。そうすると、どうしてもひずむんですよ。

來夢 力がない人が多いんだね、どうしても。

金寄 圧倒的に多い。だから大変なんです、今の日本は。

――お寺でも言えます?

金寄 お寺でも言えるけど、神社のほうがきついですね。お寺は、お墓が影響することもたまにあります。お墓との因果関係をずっと調べてわかったのは、土地の氣の流れがあるところにお墓があると大変だということ。ある時、「家の近くにお墓があるので気になる」という人がいたので調べると、その家は、氣の流れとは関係なかった。ただ、見た目の感じだけ。

來夢 窓を開けたらそこが墓地だっていう。

金寄 あともう一つ、お寺のお墓が悪い理由は、坊主が供養できていないというのがあるんですよ。

來夢 それ一番多いんじゃないですか。墓じまいとか、仏壇じまいとか、力のない人に「魂抜き」はできないから本当に怖い。だから変なのに頼んじゃダメって私は言ってる。

金寄 大抵かたちだけですからね。地鎮祭の尻ぬぐいは毎度のことですよ。できない人が多くて、逆に悪くなる。

來夢 それも神主さんに内緒でしてあげてるの?

金寄 神主が帰ってから。でないと、神主も立場ないじゃないですか。

來夢 そりゃそうですけど。でもそれ、徳積みですね。本当に、自分を知らないと怖いですよね。実際に力がある神主さんやご住職さんって、どれくらいいらっしゃるんだろうと思いません?

金寄 少ないと思いますね。

――目の前に墓地があり、自殺もあったマンションなのに、全然念が残ってないという物件がありました。

金寄 ちゃんと供養や地鎮をしたからでしょう。でもそれは結構大変なんです。土地っていろんな念が残るから。

來夢 本当は、簡単に建物を壊して、すぐ新しいのを建てるのではなく、土地をしばらく寝かすのが大事なんですよね。

金寄 土を掘ると振動でひずむのでね。京都で地鎮祭をやると、幽霊が絵巻物語のように出てきます。「これ何時代?」と思ったら「奈良時代か」みたいな。一番多いのは、室町あたりの甲冑をつけたような人たち。いっぱい出てくるので、結構楽しいものですよ。本当の地鎮祭は、神主が御幣をしゃっしゃっしゃと振って終わるものではない。そこの魂を鎮めて、また供養です。魂が全部上に上がるまでやめられないからきりがないですね。でも幽霊が見える人なら、僕の横にいたら面白いやろうな。いろんなものが現れてくるから。やってるほうは大変やけどね。京都で幽霊の話は当たり前ですからね。

來夢 すごく敏感な人は、京都に降り立つだけで頭が痛くなると言いますもんね。

金寄 会社で風水の調整をする時、東京や大阪は「社員がいないときにやってください」ですが、一般的に、京都の会社は就業時間内にやりますよ。いいんですかと聞くと、「いや、普通だから」って(笑)。京都はそういうとこです。面白いですわ。京都の人と仲よくなるのに5年かかったけど、一度中に入ったら強いね。

來夢 そうやって26年間活動されてきたわけですね。

金寄 今から13年前、紹介されて、ある村に行ったんです。酪農が盛んで、土地の氣を見ても、のどかでいいところ。ところが、お宅に行くと仏壇がないんです。あるのは、天照大神と書かれた掛け軸だけ。「このへんは、身内が亡くなられたらどうしてるんですか」と聞いたら、土葬して終わりだという。だから仏壇がないんですよ。それは別の土地の風習で、かなり昔、他所から移住してきた人たちなんですって。土地の氣を調整したら問題は治まり、OKチェックも全部強くなったので、これで業務遂行ということで大阪に帰りました。
ところが翌日、急に高熱が出ましてね。もともと風邪気味だったのですが、熱が急激に38度まで上がり、息ができなくなったんです。溺れたように、苦しくて仕方がない。しかもなぜか汗がいっぱい出てくる。その日は鑑定に行く予定だったんですが、代わりにスタッフに行ってもらいました。で、スタッフが戻ってくると、僕が赤ちゃん言葉で何か言うてるんです。僕はほとんど覚えてない。ただ「水、水」と言ったのは覚えてます。それで、シャワーのところまで行って、水を流しながら数珠をくって、お不動さんの真言をずっと唱えました。「とにかく塩を持ってきてくれ」と。それでスタッフが知り合いの霊能者に電話すると、「ある方角から霊の行列ができてる」と。
霊能者の助けもあり、自分もお不動さんの真言を唱えて、やっとこさ落ち着いたんです。明くる朝もう一回調べたら、私が前々日、氣の調整に行っていたところから霊の行列が来てた。供養されてなかったから、霊が助けてくれと言ってきたみたい。それでまた現地まで行って供養を始めたんですよ。ここから若干自慢話やからね(笑)。その日の天気は曇り。それで2カ所供養すると、そこから日が差し始めたんです。

來夢 そっか。明るくなってくるんですね。

金寄 そう。明るくなってきたので、「ああ、できた」と思って。2カ所目は、道路横に小屋があって、そこで地域の集会をやるんですね。ところがそこは、結構有名な幽霊スポット。実は、かつて穴を掘って遺体を埋めていたところだったんですよ。

來夢 やっぱりそうなりますよね。

金寄 そこでもまた供養して、日が差してきたから、よかったと思って。今は火葬をしているそうですけどね。でも40年くらい前、村に坊さんが来て、「この村はほっとくと大変なことになるから、ちゃんと供養しなさい」と家々を回ったらしい。でも、しなかったらしいんです。
そこから、もっとちゃんと供養しないといけないと、ますます修行に身が入るわけですよ。

來夢 そうですよね。これをこなしたら次の課題が来るわけでしょ。生きるってそういうことですよね。

金寄 きりがないですね。

オリジナルの生年月日の占術を編み出す

 shutterstock_1376725571

來夢 でも先生、そうやって次々と、まるで修行のように相談者が増えて、依頼がくるわけだけど、今のようにお弟子さんというんですか、スタッフさんに指導するようになったのは、それも流れなんですか。

金寄 NHK文化センターで教えていたら、もうちょっと勉強したいという人が出てきて。それで塾生として弟子を育てようということで、大阪と東京で1期から始めたんです。ただ、今はあまり新しく育てる気がなくなってきて、1期2期の人にもっともっと深いこと教えたほうがいいんかなと思って。

來夢 広げることよりもね。

金寄 そう。霊能的なことや、氣を見ることも一つの風水ですけど、もう一つは生年月日や時間の因果関係があるんですね。方角と自分の生まれた日が連動する仕組みがやっぱりある。風水は天人地なんですよ。天の計らいがあって、それが人に作用し場所にも作用する。もちろん方位にも作用する。人は天の働きを受けるし、地の働きも受ける。だから天人地の働きを見ないといけないんですよ。

來夢 三才観は大事ですよね。

金寄 天地人、三才の働きを見るにはどうしたらいいかと、長年考えました。そこで時間と空間と方位を一発で見る方法を組み立てて、ようやく完成したんです。

來夢 盤があるんですね。

金寄 これで見ると、時間の動きが方位と人にどう作用するかが一発でわかるんです。そこで、僕が顧問をしている会社に毎月訪問して、翌月のこと占うわけ。この仕組みが本当にあっているのか、こういう理論ではどうだろうと、試行錯誤してようやく10年目に完成したんですよ。

來夢 先生自身が10年間実占をして、それで完成した、完全にオリジナルのシステム。普通はこういう盤にしてない。見たことない。

金寄 でね、10年目、できたと思った途端に、顧問先の会社をくびになって。

來夢 その会社がもう傾いちゃったの?

金寄 そう。M&Aされたんです。だんだん社内が混乱してきて、結局僕は要らなくなった。このシステムができたときに顧問が終わりかいと思って、すごいなと。

來夢 できたから、もうよかったんじゃないですか。

金寄 そういうことなんだと思います。この盤は先天易なんですよ。易には、上卦、下卦があって、上卦の変爻と下卦の変爻があるんです。その下卦の変爻で見ていくんですよ。つまり天が地にどう作用するか。そのとき、方位と人にどう作用するのかを見る方法なんです。

來夢 10年間実占なさって、研究してきたものが、こうやって形になった。まして先天易を使ってるところが。

金寄 そう。後天易では答えが出ないんです。四柱で言う天冲絶迹や、因縁のきついやつがあるんですが、この盤だとすぐ出てくる。

來夢 これを作ったらつながったってことでしょ?

金寄 そう。面白いのは、今まで四柱推命だけではわからないのがあって。なんでこの人こんなダメな運命なんだと疑問だったのも、この盤で生まれた年を見ると、その人の弱いところに、足を引っ張る星がちゃんと入ってるんです。僕の場合は、財運のところに足を引っ張る星が入ってる。ああ、なるほどなと(笑)。

來夢 自分を第三者の目で見て、自分の星をしっかり探求することが一番の研究ですからね。あの手この手でいろんな方向から見ると一番わかるんですよね。でも、後天じゃなく、先天なんだっていうのは理解できます。私が出している『月のリズム』も、改訂版には月と八卦の関係を入れているんですけど、月のリズムは先天だとぴたっとはまるの。後天は日々の暮らしだからまたちょっと違うんだよね。

金寄 でしょう? 香港や台湾でもいわれている風水の見方で、三元玄空の飛星法というのがあるんです。九星を並べて、横に二つ、つけていく。あれは清の時代に陳さんという人が作ったんだけど、日本で広まってます。当たる当たらないにこだわる人もいますが、この飛星法だと無理なんです。なぜなら陳さんが九星の本質を理解できてなかったから。本当は先天玄空を使うべきなのに、陳さんは全部後天にしてしまった。もし玄空を使うなら八つの並びになるはずなんですが、その並び方が合ってないんですね。それで僕が作り直したら、翌月の運勢を占うとぴったり当たる。でも、めんどくさいからやめた(笑)。

來夢 直接先生が見るのはそれでいいと思う。やっぱり、日本の文化として九星気学は育まれてますから。逆に九星気学は、ある程度曖昧であることがいいと私は思ってる。厳密にいくもんじゃないから、人間の生活は。

金寄 そうですよね。いろんな要因があるでしょ。生年月日もあるけど、あとはその人の成り立ちがあるので。
それで僕が考えたのは、まず人間の核があり、そこに「家系の因縁」「前世の因縁」、それから「先天の自分」、つまり生まれついた自分という、この三つの働きがあるんじゃないかということ。それらが組み合わさるとまた核ができるんだけど、その周りに後天の自分ができるんですね。後天の自分は、成育歴でできてしまうところがあるから、先天のものが後天で包まれたときに、性格傾向も、運気の傾向も出てくる。それが性格傾向でひずんだりすると、核もひずむ。そうすると本来の動きが取れないのだということがだんだんわかってきた。それを調整する方法を全部考えて、今、割といい感じで動いてますね。

図形をデザインしたカードで意識を成長させていく

 shutterstock_345009668

來夢 先生の風水環境システム研究所で、一人ひとりのパーソナリティーに関して、ご自分の実占で研究し作り上げたのを、霊的な相談内容とどう結びつけて、どのように解決へと導いてらっしゃるんですか。というのも、「病は気から」と同じで、運の悪さは自分が呼んでいたりしますよね。その人の氣を改善することによって、そこにあった霊がいなくなったりしても、いくら除霊したところで、同じことになるんじゃないかと。だから、最終的に、霊に負けないように、悪い運を寄せつけなくさせるようにするのですか。

金寄 それは本人の意識を高めるんです。でないと、いくら運をこちらがよくしてあげたところで、自分でまた悪い運を引っ張ってきますからね。だから、そういう因果関係に気づかせてあげないと無理ですね。

來夢 辛抱強くアドバイスしていくというか。

金寄 うん、辛抱強く。ただ、この辺から僕はコーチング全否定の考え方になっていくんだけど、コーチングというのはこうあるべきだという理想像を示すじゃないですか。こうあるべきだと示したときに、それができる人とできない人がいる。能力のない人が、コーチの目指したところにいくと、絶対に自己矛盾の中で壊れちゃうんです。今、この問題がすごく多くて。
だから僕は、コーチングではなく、その人が「本来どうあるべきなのか」に気づかせてあげる。と同時に、どうしてもネガティブなものを引っ張ってきてしまう性格があるでしょ。それを、形を組み合わせた図形のカードで外すんです。

來夢 テーピングみたいなものだ。でもこのカード、きれいですよ。

金寄 この上に、食べものを乗せると味が変わるんです。一番わかりやすいのはチョコレート。コンビニで売ってる板チョコが、高級ブランドの味に変わるから。

來夢 それはすごい。でも、純粋にかわいいし、美術大学を出てるという経歴が反映されていますね。

金寄 デザインで食べてたときもあるからね。これは実は何でも開運カード。この上に乗せておくと、何でも開運するグッズに変わってまうんです。

すべては統合の時代になった

 shutterstock_1703999233

金寄 毎日拝んいるんですが、あるとき「大黒さんを拝め」というメッセージがきたんですよ。「金運を上げるてくれるんや」と思って、喜んで大黒さんを拝んでた。それを2年ぐらいやって、だんだん飽きてきたとき、今度は「三面大黒を拝め」というメッセージが来て。

來夢 三面大黒。

金寄 その三面大黒は、実は伊舎那天(いしゃなてん)なんです。仏教の天部に属する十二天です。
さらに、「吉祥天を拝め」というメッセージも来ました。
普通、金運には毘沙門と弁財天と大黒さんなんです。でもなぜか、伊舎那天、大黒さん、吉祥天をちゃんと拝みなさい、と。最終的にわかったのは、これ、全部循環だったんですよ。

來夢 時代は循環ですよ。でも伊舎那天と吉祥天と大黒さんだと循環していくわけですか。

金寄 大黒さんもシヴァ神なんですが、伊舎那天もシヴァ神で、シヴァ神の中でも一番勢いが強いと言われてるんです。そして東北の守り。自分の気持ちが魔に誘われないように、守ってくれる除災招福的なところがあるんですね。さらに伊舎那天は、シヴァの中でも特にリンガ(男性器)の要素があるんです。で、「伊舎那天を拝むときは、まず自分が柱(リンガ)と思え」と言われたんです。柱であり、結ぶ力、集める力がある、それが伊舎那天。
次に大黒は、日本で言われるような存在ではない。大黒さんは本来は破壊と創造の神様なので、この柱の中で循環させる力があると。だから循環なんです。
吉祥天は福徳円満を授けてくれる神様。それはわかるんですよ。でも、なぜ吉祥天なんだろうと、ずっと調べてたんです。するとヒンズーの神話では、吉祥天はヴィシュヌの奥さんなんですよね。ブラフマンが世界を作り、ヴィシュヌが秩序を作って、シヴァはそれを破壊と創造で循環させる。ああ、そうか、破壊と創造で、その横にヴィシュヌがいて、秩序を保たないといけない。でも、なぜヴィシュヌじゃないんだろうって思っていたら、やっぱり奥さんのほうが怖いんやね。なるほどな、やっぱりそこに女性の力がないとまとまらないんだと。

來夢 循環力にならないしね。

――吉祥天はヒンズーではラクシュミーですよね。

金寄 そう。だから、やっぱりすべては循環なんです。それで、大黒さんを拝み始めたとき、「すべては循環だから」と言われたので、その循環の構造を考えました。
たとえば、風水をやってもなかなかうまくいかないケースがある。図形を使ってもうまくいかない。それは、中国の陰陽五行を使っているとうまくいかないんです。それで、五行とは何かをずっと考えたんですね。わかったのは、「中国人は現実から離れることができない」。これが五行だったんです。五行の色は、黒と白、そのほかに緑と赤と黄でしょ。これ、色の三原色なんです。色とは、ものに反射して現れるもの。だから、必ず物体が要るんです。つまり、中国から思想は生まれるけど哲学が生まれない。具体的にどうすりゃいいかは中国人からいっぱい出るけど、なぜ氣が存在するのか、そこに哲学的な答えは出ない。

來夢 確かに。全部思想だもんね。

金寄 1972年に中国湖南省で発掘された馬王堆漢墓から発見された文献に、「氣のもとは太素である」という考えは書いてあったんです。でも、じゃあその太素は何かという思索がない。ここで終わりかと思いました。陰陽五行は必ず先天後天の「生成消滅」なんです。ただ、「生成消滅」させる力は何かという答えがない。それを考えたときに、今度はギリシャの四大、地水火風に考えが及んだのです。これは発生のエネルギーだろうと。

來夢 四元素ね。

金寄 この四元素、実はRGBなんです。赤と緑と青。光の三原色なんですよ。光が発生して色で具体的になる。なるほどなと思いました。で、陰陽五行と四元素、両方組み合わせたら、図形の効果が格段に上がりました。

來夢 片方だけじゃない。私はずっと「2004年からは循環力の時代」と言ってきました。だから、やっぱり両方ってことですよね。先生と共通点がありますね。

金寄 ところがこれがなかなか通じないんですよね。

來夢 東洋だけと言いたい方もいるし、西洋だけと言いたい方もおられるからね。

金寄 やっぱり全部統合しないとね。

來夢 統合とか融合とか、私も言ってるんです。とどのつまりがそこにいく話は、私にとってもうれしいですよ。そういういろんな修行をなさってきた方がね(笑)。

金寄 僕も今年は統合の理論を組み立てようかなと思って。例えば場を考えたときに、風水的な場もあるし、普通の生活の場もあるし。それが人にどのような影響を与えているのか、分析できるような仕組みを作れたらいいなと思ってるんです。

來夢 そうですね。それはぜひ。九星氣学もそうですけど、家相風水も日本で根づいたものじゃない?なのに一方にこだわる人は、片方を否定したりするじゃない? そうじゃない、というのがありますよね。

金寄 それぞれをもっと深めりゃいいんだけど、浅いところで止めてる人が多いですよね。

メッセージは大阪弁で来る

shutterstock_1011588091

來夢 要所要所でのメッセージというのかな、見えない世界との対話はどのあたりからなんですか

金寄 時々、昔から何となくふわっとくるやつがあったんだけど、やっぱり得度して修行してからどんどん強くなりました。

來夢 そっか。得度を授けてもらったお師匠さんが密教系のすごい方だったのもある。

金寄 すごい人です。理論的なことは一切教えてくれませんでした。ただ、横で見てるだけ。でも、その深さがすごいんですよね。

來夢 例えば、神社で神様から「何とかしてくれ」と言われるのは、言葉として来るんですか。

金寄 はっきり言葉で言われます。大概みんな大阪弁やねんけどね、何でか知らんけど(笑)。

來夢 いや、それは感じ取る先生が大阪弁だからですよ。

金寄 カソリック教会のやってる幼稚園に通ったので、僕は昔からカソリックの古い教会が大好きなんです。それでカソリックの空間構造を研究してたんですよ。南フランスのエクス=ヴァン=プロヴァンスに行った時、教会でぼーっとしてたら、亡くなった方の霊が下から上がってきたんですね。それで霊に、「キリスト教で言うあの世と、本当のあの世はちゃうやろ」って言ったら、「ちゃうな」って。「神学とは全然ちゃう。でもキリスト教はあれでええ」と。やっぱフランス人やと思った。頑固や(笑)

來夢 でも、フランスの霊もちゃんと関西弁だったんでしょ。

金寄 関西弁でした。

クライアントをおどかさない

 shutterstock_721102051

來夢 あと最後にもう一つ。この風水環境システム研究所として、クライアントさんとのかかわり、日常、何でもいいいいです、先生が気をつけてらっしゃることは?。

金寄 まずクライアントはおどかさない。

來夢 (拍手)すばらしいね。おどかす人、いるからね。

金寄 それと、知らないだけで、必ず改善方法は絶対ある。でも、それ以上の努力をみんなしないですよね。

來夢 日々修行であることを、ご自分はおわかりじゃないですか。だからこそ生きている限り、「こんな相談がきたか」と。それに対して、先生ご自身も方法があるはずだと。それはちゃんと真摯に向き合ってらっしゃるってことだよね。

金寄 今はね。それでまた新しいノウハウ増えて、それが使えますからね。あと、自分の中で気をつけてることは、欲に走らないこと(笑)。

來夢 それは絶対ですね。

金寄 金に走ると一発で終わるんですね。神罰、仏罰、怖いよ。

來夢 神様との対話のような言葉じゃない。でも、わかるわけね。

金寄 毎日の読経をやって、拝んで、それで最後にメッセージありますかって聞くんです。で、そのときに、気をつけることを教えてもらえるんですよ。立場上、先生になると、意見してくれる人がいなくなると、天狗になるじゃないですか。それ全部、神さん、仏さんに怒られる。

來夢 クライアントさんにそういうことがわかるときは、おどかさずに伝えるわけですか。

金寄 そうですね。「こういうことがあると、何か横でごちゃごちゃ言うてはるわ」と。で、「気をつけたほうがいいんちゃう?」、そういう言い方ですよね。

來夢 関西弁はいいね。「ちゃう」って言えるからね。

金寄 その辺は柔らかいみたいで、いいみたいですよね。

普通のことをちゃんとする大切さ

 shutterstock_679168495

金寄  今年に入って「反省すべき点はありますか」と神さん、仏さんに聞いたら「ある。もっと修行しろ」って言われた。「これ以上?」って言ったら、「体を鍛えろ」って言われたんです。

來夢 年齢的にも体力と連動してきますよね。病は気からですからね。

金寄 これからもっときつい仕事がくるって言うんですよ。そのときに体がそれを受け入れられなかったらダメだから。肉体は三次元でしょ。なのに、違う次元の存在がいっぱい入ってくる。その器がしっかりしてないとやられるんですね。

――どうやって鍛えるんですか。

金寄 要は筋トレ。登山もあるけど、だんだんしんどなってきてる。

來夢 精神的な修行はずっとなさってきたから、今度は食生活とか、普通に気をつけろって言われてるんだと思う。

金寄 食生活はうるさいよ。基本的には野菜だけ。「やっぱり肉も食べたいんですけど」と言ったら、「だめ」と。「それは無理です」と言うと「鶏肉ならいい」って。それも胸肉とかね。

――基本菜食?

金寄 菜食だと体がもたんですよ。大豆タンパクとか、鶏肉とか食べてますけど。

來夢 実際の人間の相談に乗ってるから、やっぱりうんと疲れたときは焼き肉食べないとだめですよね、ニンニクとか(笑)。

金寄 おもろいもので、自分は坊主だから、本来は精進料理のはずなんだけど、坊主で菜食してる人なんかほとんどいないね。坊主っていうのは、ずっと拝んでる世界なので、血をきれいにして、絶えず自分の中を浄化しないといけない。だから精進料理なんですよ。
言い訳がましくなるけど、あまりに浄化されすぎると、わざわざ相談に来た人に、「そういう煩悩的なことは気にしなくていいですよ」とすぐ言うてしまうんです。でもこれってすごくまずくない? 運を上げたいのに、「運なんてものはないんですよ」って言い出したら、相談者は「おまえ風水師やろ」って言いたなるやん(笑)。

來夢 法話ですかって思うよね。でも、きっとそうなんですよ。とにかく三次元的に健全な肉体が必要なんです。本当に私、日々相談に乗っていて思いますよ。健全な肉体が健全な精神を作るから、まず体を健康にしようねとアドバイスすることが多いです。

金寄 やっぱりね。一番多いですよね。

來夢 うん。寝不足続いてるでしょとか、星の影響以前の話が本当に多いですよ。普通の考えができないとだめなんだよね(笑)。

金寄 最近悩んでいる案件があって。そこそこいいレストランなのに、厨房スタッフが全然集まらないというんですよ。で、厨房スタッフを集めるために風水的な縁作りをやるんだけど、なかなかスタッフが集まらない。それで、いろんな情報を聞くと、今、給料が安いとスタッフが集まらないんですってね。

來夢 もう慢性みたいです、どんな職種も。特に飲食。

金寄 そう。それで、現実的に募集する話と、僕らみたいな世界で募集する話を混同しないでねって言ってるんです。僕に頼めば人が勝手にくると思ってる。で、そこの募集要項を見たら、交通費支給って書いてないねん。そりゃアカンやろ(笑)。そこは現実をちゃんと認識しないとね。だから、今度そういう話があったときは、最初に募集要項や条件を見せてもらうようにしてるんです。

來夢 大事。風水以前の、「ちゃんと睡眠取ろう」みたいなね。そこをやってくれるから、信頼できると思う。

金寄 それからあと自分の中で気をつけてることは、できるだけ物理や数学の本を読んでる。もともと文系なので、もう一つわかりにくいところはあるけれど、氣は周波数でもあるから。周波数の問題を考えたときに、理論的に説明できないといけないので。あと幾何学の本は大好きですね。

來夢 結構霊的なことってつながってますよね。

金寄 つながりますね。量子力学は特にね。

來夢 量子力学ね。みんな結構そうおっしゃいますよ。

金寄 最近ずっと瞑想してて、根源的なところにいったときに、二つの輪っかが見えるんです。その二つの輪っかがぶつかったら、その波動からいろんな力が出てくるんですよ。それがいろんなフェーズに作用するんだけど、『2つの粒子で世界がわかる』(森弘之・著)という本が、ブルーバックスから出てた。瞑想で見たこれかなと思って。何か連動する。

――『インターステラー』って映画、観ましたか。

金寄 観ました。僕は、三次元はパラパラ漫画みたいなものだと説明するんですね。人間には残像効果があるから、つながってるように見えるだけ。でも三次元では、われわれはそのときしか生きていけないから、そのパラパラ漫画の開けられたとこにしかいませんよって。でも四次元は断片がつながるんです。だから、過去にも未来にも行くことができる。でも、これってなかなかわからないから、『インターステラー』を観てって言うんですよ。『インターステラー』を観たら、今のこの説明がわかりましたと言う人がいます。
それがわかるようになったのは、お寺の護摩壇です。夏に千日参りというのがあって、1日参ると千日の供養があると言われています。そのとき、護摩を焚くんです。師匠について修行していた頃、師匠が具合が悪くて「休憩するから護摩壇で火の番だけしてくれ」と言われたんです。座ってると、丸い護摩壇から火が上がって来て、それを見たときにわかったんですよ。
この火が、仏と我々をつなぐライン。行者は供物をくべるだけではなく、そこに精神を通すんです。そうすると仏とつながる。この仕組みがわかったんですよ。
ちなみに精神とは、本当の意味は神とつながる意識のことなんです。
それと似た言葉が「霊性」ですね。霊性は多次元とつながる意識だと僕は理解してるんです。そうすると、わかりやすいんですよね。スピリチュアルな人というのは、何かいろんなものとつながってる人であるということ。ただしどことつながってるかわからんけど。

――怖いものとつながってるかも?

金寄 この世界、いろいろありますからね。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

umiwake

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


B-1710_rstuvwxyzea7xdg

カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


kotobagaanatanojinnsei

カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


骨リンパ

カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

shutterstock_683749414

角質層を健康に保つ5つの選択-肌がうるおうシンプルケアとは

2018.05.18

スキンケア


shutterstock_182074958

目尻のシワを改善する4つのケア-5歳若返る目元のつくりかた

2018.05.04

スキンケア


shutterstock_369387344

顔のむくみを解消する2つのアプローチ-リンパの流れを整える

2018.05.02

ライフ


shutterstock_1005731746

Vol.1 人生は春夏秋冬のサイクルでめぐる(春夏秋冬理論)

2018.04.30

來夢の「占いの達人」