癒しと上質な生活を手に入れましょう

2019.02.06



Vol.7 所作と顔は合い、思いや行いは顔に出る─その②

shutterstock_370121381

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

☆天道先生天道春樹(てんどう・はるき)

高知県高知市生まれ。16歳で運命学に出会い、専門書を取り寄せて研究を始め、東京の中村文聡氏の紹介で、八木喜三朗氏の「観相発秘録」の通信講座を受け、19歳で大阪の「八木観相塾」に学ぶ。

以来、運命鑑定と研究を重ねて現在に至る。TV番組『愛のお悩み解決!シアワセ結婚相談所』(日テレ)でスゴ腕結婚相談員としても大活躍され、雑誌『恋運暦』のレギュラーコーナーやその他書籍出版や講演、ラジオ出演など、各メディアでも多数の実績を持ち、占術界の権威と称されている。また、高知市帯屋町の街頭での運命鑑定、自宅での予約鑑定、大阪市住吉区の「占いサロン天命堂」および東京都杉並区高円寺での鑑定のほか、出張鑑定にも応じている。

主な占術方法 : 人相術/手相術/易占

【HP】天道春樹の人相術 

目次

1. ご先祖をうやまわずに神様に手を合わせてもダメ

2. 感謝する心が人相を良くする

3. 我慢が一番いかんのです

4. 街頭で倒れるまでやりたいと思うてます

 

1. ご先祖をうやまわずに神様に手を合わせてもダメ

shutterstock_1146320876

來夢 四国といえばお遍路さんが知られています。お遍路さんたちを見て感じることはありますか?

天道 お遍路さんはね、ご利益信仰が結構多いんです。

來夢 確かに、願を掛けて回っている人が多いようですね。

天道 ご先祖の菩提を弔うためとかであれば結構なことですけど、何のためにやるかという動機が、つまり発心(ほっしん)が一番大事ですし、他力本願で願を掛けているだけではいかんでしょう。

以前、私は36番札所の青龍寺(しょうりゅうじ)いう真言宗のお寺に50日間通ったことがありますが、御釈迦さんが言われた「私のあとをなんぼついてきても私を見ることができん。法を見るものが私を見る」という言葉を学ぼうと思うたからです。
元々、私は型どおりにやるのは好きじゃないし、八木先生の「実践せよ」という教えと同じことを思うてるんです。

來夢 パワースポットブームについてはどう考えますか?

天道 あんなんいかんです。
例えば、神社は基本的にお祓いするところですからね、自分の罪、穢れを祓いにいくという気持、そして先祖をうやまい感謝をするというのが一番大事です。
ご先祖を大事にせんと神様は悲しみますのでね、ご先祖をうやまわずに神様に手を合わせて、願いをかなえてくださいと言ってもダメですわ。祈るときは私心なしに祈らんといかんでしょう。

來夢 自分の先祖を大切にしなければ神様も何もないですよね。

天道 そうですよ。会社にしても下っ端の者がいきなり「社長、社長」というのはおかしなことで、まず直属の上司を通して段々に上の方に通じて行くわけで、何事にも段階があるでしょう。
ですから、身近なご先祖を飛び越えて神様のことだけやるいうのは不自然です。それに、ご先祖を大切にしないと悲しげな寂しい顔になり、ご先祖を大切にすると明るくて表情豊かな顔になるんですよ。
神社もパワースポットなどと言われて、騒ぎ立てられないほうがいいでしょうな。

來夢 おっしゃるとおりだと思います。私利私欲の人ばかり集まってしまうと、神聖さが失われてしまいます。

 

2. 感謝する心が人相を良くする

shutterstock_1008032797

來夢 先ほど、ご先祖を大切にすると明るくて表情が豊かになると言われましたが、良い人相って作れるものなのでしょうか?  美人になりたいとか、モテたいと思っている人は多いわけで……。

天道 表情が豊かであれば美しく見えるし、モテもするでしょうね。でも、意図的にいい顔を作ろうとしても不自然になるのでダメです。
心の持ちようが表情となって人相として顕れるわけですから、要は心が円満でなければいかんということですよ。包容力とか肝要さ、意志の強さも要ります。

來夢 もっぱら心の問題ということですね。

天道 繰り返しになりますが、一番人相を良くしてくれるのは感謝です。自分に命を与えてくれた親とか、血筋や先祖とかに対する感謝がまずないとね。ずーっとそれをたどって行くと大いなる存在、神様に行き着くんですけど。

もちろん世間への感謝もそうです。
先祖への感謝は縦の線、世間への感謝は横の線の十字架になっているんですが、今、両方に感謝せないかんですね。明日からと言ったらずっと明日からになってしまいますから、「今、幸せです。ありがとうございます」という心の持ち方、祈り方をせんとね。

それから「足を洗う」という言葉があるように、一番五体を支えてくれている足を「毎日ありがとう」という気持を込めて洗うのもいいですね。
あとは、部屋を片付けることも大事です。嫁に行くことを「片付く」と言いますが、片付けられない家の娘はなかなか嫁に行けないいうのはホントですよ。片付け出したら娘さんは片付くんで、言霊(ことだま)だから全部一緒ですわ。

來夢 つながっていますもんね。
要するに心をバランスよく円満に保って、感謝する気持を大切にしていれば表情が豊かな良い人相になるということですね。

 

3. 我慢が一番いかんのです

shutterstock_398844676

來夢 最近、熟年離婚が増えてきているようですし、テレビでもバラエティ番組で卒婚をテーマにしていたりしますが?

天道 我慢というのは魂をものすごく傷めるので、一番いかんですね。そうなりたくないと思っていても、潜在意識に引っ張られて傷が深まってしまいますから。

來夢 私も「我慢は毒」とずっと言い続けています。

天道 昔は、よく亭主が皿を投げたり、ちゃぶ台を引っ繰り返す場面があったじゃないですか。あれでええんですよ。つかみ合いの喧嘩をしたりね。それもせずにぐっと我慢しているのが一番いかんのです。我慢の「が」は癌の「が」で、心のしこりになってしまいます。

來夢 なるほど、我慢の「が」は癌の「が」ですか。
それにしても妻から三行半(みくだりはん)を突きつけられたり、妻から卒業だという夫婦が、増えているのはどうしてでしょうね。

天道 自分自身が円満になれるかどうかは、中年と呼ばれるあたりから分かれます。歳を重ねていくと、固まっていく人と解放される人と両方あるんですよ。
自分を素直に見つめ直すのは難しいことですが、男性の場合は42歳、女性の場合は33歳の厄年あたりになったら、自分の欠点を直すようにせないかんですね。

だから、喧嘩をどんどんしてね、本音を出し合えばええんです。人生の折り返し地点で、一緒に「雨降って地固まる」作業をすれば、自分の欠点を相手のせいにしないようになるし、相手の欠点を補う関係になれるはずです。

來夢 欠点を認め合うというのは夫婦和合の秘訣ですね。

天道 それに、ただ判を押したからということではなくて、結婚の誓いを神様に報告をして、神聖なものだということを認識、実感しておくために、きちっと結婚式をしとかにゃいかんですね。
好きで結婚したけど嫌になって別れましたいうんは、案外、きちんと手順を踏んでいないケースが多いように思うし、結婚とか家庭とかに対する意識がないから無茶苦茶になるんやと思いますわ。
惚れたはれたで結婚して、すぐ別れたらね、子供もかわいそうですよ。そんなんでは子供は当たり前のように非行に走りかねません。「物事には順序があるぞ」と言いたいですね。

 

4. 街頭で倒れるまでやりたいと思うてます

shutterstock_231243922

來夢 先生が今も高知で街に出てらっしゃるのって、楽しいというか、やり甲斐みたいなものを感じておられるからですか?

天道 楽しいですよ。いろんな人に会えますからね。
それに、地元で自分は太らしてもらった、ご飯を食べさせてもらうようになったということがありますんで、街にずっとおらしてもらっていることに感謝してますね。

來夢 じゃあ元気な限り街に出ようと。

天道 街頭で倒れるまでやりたいと思うてますわ。

來夢 素敵。
それに、先生は東京に来られたり、大阪で教えたり、街に出たりというライフワークのなかで、いつも心掛けていることってありますか?

天道 まあ、酒を控えるということですかね(笑)。

來夢 素晴らしい。

天道 私が思うていることの一番はね、とにかく、世の中のお役に立ちたいということで、他にはないですね。
自分でも不思議に思うとりますが、小さい時から地位とか名誉に一切関心がなかったですわ。だけど、食べていかなあかんでしょう。こればっかりは避けて通れませんのでね。

來夢 生業(なりわい)として占いの道に進まれたのですね。

天道 でも、先ほど触れたように食べられへん時期はあったわけで、若い時は何か間違いがあるんですね。
好きなことをやって食べらるようになれば最高でしょう。でも、世間はそんなに甘くないし、好きなことばっかりやってても食えんので、他のことをしてでも食べられるようにしなあかんということは思いましたね。ですから食べられへん時はね、いろんな仕事をしました。あの頃は取り立てもようきましたわ(笑)。

來夢 あれこれのすべてが肥やしになって、生業に結びついていらっしゃると思います。これからもどうぞお元気で街頭に出てご活躍くだるように願っています。
今日はためになる貴重なお話をたくさんしていただき、ありがとうございました。

 

※次回ご紹介するのは、占いコンテンツサービスの提供・運営を行いながら、西洋占星術、インド占星術、九星気学などを探求し、クライアントの皆さんから絶大な信頼を得ておられる伊勢山天愛(いせやま・てんめい)先生です。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介
スピリチュアル・自己啓発 パーフェクトバイブル_監
修協力 フォレスト出版


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

umiwake

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


B-1710_rstuvwxyzea7xdg

カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


kotobagaanatanojinnsei

カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


骨リンパ

カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

shutterstock_683749414

角質層を健康に保つ5つの選択-肌がうるおうシンプルケアとは

2018.05.18

スキンケア


shutterstock_182074958

目尻のシワを改善する4つのケア-5歳若返る目元のつくりかた

2018.05.04

スキンケア


shutterstock_369387344

顔のむくみを解消する2つのアプローチ-リンパの流れを整える

2018.05.02

ライフ


shutterstock_1005731746

Vol.1 人生は春夏秋冬のサイクルでめぐる(春夏秋冬理論)

2018.04.30

來夢の「占いの達人」