癒しと上質な生活を手に入れましょう



Vol.19 占い文化を築いた師の教えを次世代につなげるーその②

shutterstock_639735229

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

モナ・カサンドラ

モナカサンドラ先生

プロフィール

ルネ・ヴァン・ダール研究所所属。日本時空心理学協会会長、一般社団法人日本占術協会常任理事、一般社団法人日本占術協会認定占術士。 幼い頃より妖精、魔女物語などファンタジックな世界に興味をもち、1981年より、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事。ルネ・ヴァン・ダール研究所の研究生として、西洋占星術、心理学、神秘学などを学ぶ。アルケミイ研修3年、専科7年の研修を経て、1995年、占星、タロットの師範課程を修了。師より占名「モナ・カサンドラ」を受ける。ルネ・ヴァン・ダール研究所では、占星学ロジックを徹底的に解読・探求。コンピュータによるホロスコープ作成の道をひらく。1998年から月刊誌「MISTY」(実業之日本社)にて、月の動きに着目した毎日の運勢「ルナーリズム占星術」の解説を担当。執筆、後進の指導・育成のほか、さらなる占星の研究を重ねている。著書に『「13星座」占星術』(大泉書店・エミール・シェラザードとの共著)『魔除けのルール』日本文芸社(アイラ・アリスとの共著)がある。ウェブサイト「月の母 28日間の絶対法則」「月のお告げ モナ・カサンドラのこころタロット」「My Birthday DX」(すべて説話社)「ドリームメール」 ユナイテッド(株) 。一般社団法人 日本占術協会 功労賞

主な占術方法:西洋占星術、タロット

 

目次

師匠への信頼があったからこその40年
師匠の想いを引き継いで次世代にバトンを渡す
ルネ先生との思い出

 

師匠への信頼があったからこその40年

 shutterstock_538603822

來夢さん(以下、來夢) 占い師として身を立てることも大事だという思いはいつ頃から芽生えだしたの? 占名をいただいたことはその一つになっているのかな。

カサンドラさん(以下、カサンドラ) 占名をいただいたあとは、研究所に迷惑をかけないように、という思いが一番強かったですね。

來夢 あなたの場合は研究所のためだよね。

カサンドラ ルネ先生がいたからこそですね。それと、姉弟子の先輩が偉大すぎるから、最初から私はああはなれないという思いがありました。

記者 ルネ先生が一番弟子たちに厳しかったのは80年代だと聞いたことがあります。

來夢 モナさんはそこをどう思っていたのかな。私、ルネ先生はすごく多面体な人だと思っていて。とても厳しくされている子と、優しくされている子、それぞれいたのね。モナさんからはどう見えてました? モナさんから見たルネ先生像がすごく知りたい。

カサンドラ レッスンしているときはとても厳しかったです。言われたことをやらないと怒られたりもしました。でもそれ以外はとても優しい先生でした。高校生の時から通っていたこともあるでしょうが、私のことを「俺の子どもみたいなものだからな」とおっしゃってくれました。高校生の研修生を取らなくなったのは、時代のニーズもあると思いますが、個人的には、先生は私に手がかかったのかなと。占名を授けるまでに10年以上かかりましたから、めんどうになったのかもと実は思っていました。

來夢 社会経験をした子のほうがいいということになったのかもね。

カサンドラ 50代になった先生が「疲れるんだよ」とおっしゃるようになって。「先生、まだ若いじゃないですか」と私は言ったのですが、自分が50歳を超えてみて、確かに疲れると思いました。そういう意味で、先生もだんだん省力化になったのかもしれません。「俺も優しくなったよな。昔はこんなもんじゃなかったもんな」ってよくおっしゃってました。姉弟子の時が一番厳しかったみたいです。

來夢 スパルタだったわけだね。そしてモナ先生はルネ先生を信頼し、安定して研究所を支え続けて40年。そして、ルネ先生が亡くなってもうすぐ10年になろうとしているわけですが、モナ・カサンドラとして、これだけは師匠の教えとして大切にしたいということはありますか。

カサンドラ ホロスコープに対する考え方です。ホロスコープを曼荼羅のように考えるんですね。幸せのかたちは1つではない。占い師が思う良いかたちではなく、相談に来られた方の望むいいかたちを、ホロスコープを見て一緒に探していくということです。

來夢 ルネ先生が指し示した方向をちゃんと志そうとなさっている。モナさんからしてみればあまりにも当然のことかもしれませんが、師匠から学んだことを継承して研究所でしっかりやっていこうと決意したタイミングがあるんですか。

カサンドラ そういうのはありませんが、ただ、師匠が私に「生み出すもの」という意味をモナという占名に込めてくれたんです。モナはモナ・リザのモナと同じで、マドンナの短縮形。「夫人」という意味。既に私がそのとき子どもを産んでいたこともあると思います。当時、私は通信講座などを担当していたので、講座を学んだ人の中からいずれルネ先生に続くような人が出てきたらいいなと、常に思っていました。

來夢 その言葉に感動しました。母性、育てる、生み出すという意味があったのですね。

カサンドラ そう。そして、カサンドラは星の魔女の名前だからとおっしゃいました。文献をたどると諸説あるとは思いますが、ルネ先生の中では「生み出すもの」であり「星の魔女」である、モナ・カサンドラという名前をくださったと思っています。

來夢 占名をいただいて、一層自分の中にその軸ができた感じ?

カサンドラ そうです。ルネ先生も姉弟子も偉大すぎて、自分には越えられないと思いましたし、恐らく他の弟子たちからも二人に届く人さえ出てこないだろうと。でも、この名前をいただいたからには、凡人なりに、私がルネ先生の提唱した時空心理学を伝え、ルネ先生に続く人が出てくる一助になったらいいなとずっと思っているんです。

來夢 すばらしいですね。

カサンドラ 私はちょっと気が長くて、ルネ先生からは「おまえな」と突っ込まれるかもしれませんが、すぐに第二のルネ先生が出てこなくても、種さえ蒔いておけば、いつかどこかで芽吹くかもしれないと思うんです。

師匠の想いを引き継いで次世代にバトンを渡す

 shutterstock_1501774541

來夢 基本となる占いは、やはり西洋占星術ですか?

カサンドラ はい、私はホロスコープ1本です。ただ、最近の流行りもありますし、実占ではホロスコープだと答えがすぐに出ないこともありますので、鑑定ではご希望があればタロットも使います。ご希望がなければホロスコープしか見ないですね。ルネ先生もホロスコープしか見てらっしゃらなかったので。

來夢 確かにおっしゃるとおり。

カサンドラ それでいいと思っているんです。だからと言って他の占いを学ばなくていいかというと、そういうわけでもありません。さっきお話に出ていた今村宇太子先生が、研究所に数気学を教えに来られていた時期があって、その講座は受けていました。

來夢 あのときモナさんもいらっしゃったんだね。研究所が新宿に移ったとき、ルネ先生から、「宇太子先生のお教室に必ず来てな」って頼まれたので私も参加していました。

カサンドラ もしかしたらそのとき私はいなかったかもしれません。ステラ・ボンボヤージュ先生はずっと受けていたんですけどね。それこそ私は産休を取っていたと思います。もしかすると人数が少なくなって寂しいから、私を呼んだのかもしれない。そこで來夢先生とすれ違った可能性はあると思います。

來夢 ステラ先生とはずっと一緒でした。宇太子先生の授業があるとき、私はいつも、本の注文を頼んでいたのを覚えています。彼女は書店で働いていましたから。現在、モナさんは占い原稿を書いたり、通信教育を担当されたり?

カサンドラ 通信教育は、今、ステラ・ボンボヤージュ先生と月影沙織先生が担当しています。私は原稿を書く仕事と、あとは通学の教室を担当していますね。

來夢 リアルの講師ですか。ちゃんとルネ先生の命を受けて後進をお育てになっているんですね。どういったことに一番気をつけています?

カサンドラ ドグマ的な判断はしないことですね。あと、新しい技術を学ぶと面白いから、つい言い切りたくなりますが、それはやめてねという話はよくします。大事なのはホロスコープではなく、生きている人だからと繰り返しお話ししているんです。

來夢 すばらしいと思います。今後はどんな未来を描いています? 今年はコロナ禍で時代が切り替わっていくなか、研究所の役割についてどうお考えかなと。

カサンドラ コロナで社会がおかしくなりつつありましたが、時代に流されているとなかなか個人の幸せはつかめません。ですから、時代に流されない自分を作ること、自分が幸せと思える生き方ができること、そのお手伝いができたらいいなと思います。

來夢 それがまた師匠の思いを継承していくことにもつながりますものね。

カサンドラ 私にできることは少ないので、後進の育成が研究所の中での私の一番の役割かなと思っています。ルネ先生が作られた「日本時空心理学協会」もそれを助ける会として会員とともに成長していけたらいいな、と。この会の前身は「天文心理学協会」なのですが、さらに、さかのぼれば「ヘルメチック・アカデミィ」という会につながります。「ヘルメチック・アカデミィ」は広く門戸を開いていてルネ先生のファン・クラブ的な要素もありました。現在の「日本時空心理学協会」が研究所で初級から演習までみっちり勉強して頂いた方しか入会できないのとは対照的です。ただ、「日本時空心理学協会」も会員になるのは大変なんですが、「時空メイト」といって、楽しみながら占いに親しんでもらえる誰でも入れるコースもあります。

ルネ先生との思い出

 shutterstock_639735346

來夢 モナさんは研究所の40年の歴史をご存じでしょう。ルネ先生とお会いした時、ルネ先生は30代でしたよね。

カサンドラ 40歳になるかならないかのときだと思います。

來夢 私がルネ先生と初めてお会いしたとき、今でも忘れないけど、ルネ先生、48歳よ。だから自分がその年齢を超えたとき、私、「あの時の師匠の年齢を超えたんだな」としみじみ思ったのを覚えてる。だからモナさんが出会った時のルネ先生は、独立してお一人でずっと活躍されて、研究所を立ち上げて、そんなに時間が経ってたっていないときじゃないですか?

カサンドラ そうですね。G・ダビデ研究所と一緒に活動されていたことがあると後から知ったんですが、私が高校生のときは、本当に研究所に通っているだけでたくさんの有名な先生とエレベーターで遭遇する感じでした。その時はルネ先生もかなり若かったですね。「もう自分は若くないから」とおっしゃり始めたときは、出会ってから10年以上は経っていたと思います。若さは心というより体調と関係あると思います。

來夢 ありますよ。

カサンドラ 節目になると先生の言葉を思い出します。私が40代で思ったのは、「先生、やっぱり40代はなかなか大変ですね」。50代になったら、「先生、本当50代は疲れますわ」。そんなふうに、そっと心の中の先生に話しかけるんです。「すみません、先生。あの時『先生はお若いのに』などと言ってしまって」って。すると先生が、「そうだろう、そうだろう」って言ってくれているような気がします。

來夢 占術協会の中では、ルネ先生はずっと若い人だったからね。よくおっしゃってましたもの。「60歳を過ぎても若い人って言われるんだぞ」と。

カサンドラ 60歳で若輩ですかとがっくりしていらっしゃいましたね。ところで來夢さんは、今、何を中心に活動されているんですか。

來夢 ルネ先生には最初から「占い師になる気はない」と言い続けていたのですが、「母は1人で立つ人だ」とずっと言われ続けていたんです。それで現在は、西洋の占いと東洋の占いを完全に合わせたセッションをしています。ずっと完全紹介制で、口コミだけでやってます。

カサンドラ 記憶では、当時、來夢さんは占い師のムーン・リーさんと一緒にいらっしゃったイメージなんです。

來夢 リーちゃんは専門学校が一緒で、出会っていきなり「太陽を見つけた」と言われたんです。人生で一番弱ってるときに私と出会ったんだって。普段はクールで、人に相談するような人じゃないからね。彼女は産経学園で占星術を紅亜里先生に学んでいました。お名前も紅亜里先生からもらっています。ルネ先生の弟子ではありませんでした。ただ、当時の私は、お友達からの子育て相談が増えすぎたので、「もう少し突っ込んで、ちゃんと占星術の勉強をしたいと思ってんのよ」と彼女に話をしたわけ。すると、「ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ先生がいいよ、牡羊座だからあんたと合うよ」と言ってくれたの。ちょうどどの先生に学ぼうかと悩んでいたから、彼女の一言に背中を押されて、朝日カルチャーセンターのルネ先生の講座を受けに行ったんです。そしたら、先生はまるで芸能人だし、「当たる当たらないにこだわるならほかに行ってくれ」という潔さがあるし、惚れ込んでしまいました。それからは師匠の話が面白いから通い続けたんです。

カサンドラ そうなんですか。私はその頃はまだ朝日カルチャーセンターと接点がなかったので。

來夢 その後、私はルネ先生に頼まれて、「銀座の母」という場所で鑑定することになったんです。リーちゃんも銀座の母で鑑定をやりたいというので、私が師匠に推薦して、一緒に鑑定することになったんですね。そこで私はリピーター率ナンバーワンだったけど、リーちゃんも大人気だったんじゃないかな。銀座の母がなくなったあと、研究所でもセッションをしていたんだと思う。

カサンドラ 鑑定なさっているのを見かけたことがありましたね。

來夢 その後私は独立して、彼女も自分の道を進みました。10年くらい前に彼女が引っ越して以来、連絡が取れないんですけど、ネットの「ムーン・リーの12星座占い」などでご活躍は拝見しています。

カサンドラ そういえば、最初は紅亜里先生が「My Birthday」の毎日の星占いを書かれていましたね。

來夢 私も紅亜里先生の本は小学生のときに出会って、それがバイブルだったからね。でもルネ先生の『アルケミイ体操』は知らなかったな。

カサンドラ これは初版本ですが、増刷されなかったんじゃないかと思います。研究所にも1冊しかないはず。

來夢 貴重ですね。本当に今日はいろんなお話をおうかがいできてよかったです。これからもぜひ、師匠であるルネ先生の思いを継承して、ご活躍していただきたいと思います。

カサンドラ ありがとうございます。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

umiwake

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


B-1710_rstuvwxyzea7xdg

カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


kotobagaanatanojinnsei

カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


骨リンパ

カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

shutterstock_683749414

角質層を健康に保つ5つの選択-肌がうるおうシンプルケアとは

2018.05.18

スキンケア


shutterstock_182074958

目尻のシワを改善する4つのケア-5歳若返る目元のつくりかた

2018.05.04

スキンケア


shutterstock_369387344

顔のむくみを解消する2つのアプローチ-リンパの流れを整える

2018.05.02

ライフ


shutterstock_1005731746

Vol.1 人生は春夏秋冬のサイクルでめぐる(春夏秋冬理論)

2018.04.30

來夢の「占いの達人」