癒しと上質な生活を手に入れましょう



Vol15 占いをコミュニケーション能力で押し上げる—その②

shutterstock_1324122326-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

高斎正明(こうさい・まさあき)

IMG_0608通信社勤務後、鷹石惠充(たかいし・しげみつ)〈占術家名 伊勢山天愛 (いせやま・てんめい)〉氏が創設したテレシスネットワーク(株)に転職。副社長のミス・ペルセフォネーに師事し、西洋占星術などをOJTで学ぶ。その後、セミナー会社に転職し、セミナー開催に携わる。その後、占い会社に転職し、対面鑑定をしながら、占いライターを育成するシステムを構築。その後、伊勢山天愛氏の別会社(株)ファルコビジョンに所属し、セミナー開催や占い師育成などディレクターとしてマルチに活躍。

主な占術方法 : 西洋占星術/タロット

 

目次

〜Vol.15 占いをコミュニケーション能力で押し上げる その②〜

・タロットは基本の上に直感力がカギになる

・電話占いの「いい占い師」「悪い占い師」の決め手

・普段から言葉遣いや身振り手振りにも気をつける

・クライアントを六つのレベルに分けて見極める

・「占い女子」を育てる意義

タロットは基本の上に直感力がカギになる

shutterstock_1458773024來夢 高斎先生の場合、一番コミュニケーションツールとして活用できるのは?

高斎 一番活用できるのはタロットですね。
テレシスから再び原稿の仕事をいただくようになった時期、直感力を鍛える講座を受けたんです。その直感力の講座とタロットが見事にマッチしたんです。

來夢 確かにタロットカードは、朝一枚引いたときにどんなイメージが出るかが勉強になると、私もよく聞きましたね。

高斎 で、同じカードが出ても、降ってくるメッセージは違うわけです。そのへんは直感力のトレーニングをしたので、その違いはなんとなくわかるようになっていたんです。なのでタロットは、本を読んでキーワードを暗記してという勉強もありかもしれないけども、それはそこそこにしておいて、直感力を磨いてカードがどんなことを語ってくれるかというのに耳を傾けるのが、とても有効だと僕は思います。

來夢 確かにね。まあ、ある程度の基本は持っていないとちょっと難しいけども。あまりに直感だけだと、その人の人間力によって、人様に迷惑をかけることになるかもしれないからね。

高斎 そうですね。テレシス時代に、ペルセフォネー先生に「タロットを教えてください」とお願いして、根幹の部分だけ教わったんです。その基礎と、その後、対面をやったから、できることかもしれないですね。

來夢 対面って、相手との直感力を倍以上に、自分の力を高める影響力がありますよね。その最たるものがタロットじゃないかな。占い師と相手とのエネルギーがきれいに回らないと全然方向が違っちゃうと思う。

高斎 そうですね。
「占い師になりたいんだけど何から勉強をしたらいいですか?」とたまに聞かれることがあるんです。最初は、手に入りやすいし、参考書もいっぱい出て、計算もいらなくて、簡単なので、タロットをおすすめしていました。
その後、いろいろな占術を勉強して、勉強して……で、一周回ってくると、やっぱりタロットにたどり着く気はするんです。
タロットは、すべての五感、さらに第六感を研ぎ澄ませないと、いいメッセージが降りてこない。そこまで自分自身を磨かないと、タロットは上手く使えないということに気づいたんです。
タロットから始まり、いろいろ占いを勉強してきたけども、やっぱりタロットにたどり着くのかなと。

來夢 まあ深いよね。心理学とかいろいろなことも勉強してきたからこそいえるせりふだよね。でもおっしゃるとおりだと思いますよ。

高斎 占星術でも、例えば牡羊座の象意の話をふくらませるときも、どうしてもタロットで磨いた感覚が必要になってくるので、やはり自分自身を鍛える意味で、タロット占いというのは、僕はいいと思うんです。自分でツールとして使っています。

來夢 タロットはそのときの状態が一番出るって、私も話します。だから私は普段のセッションにタロットを封印したのはそれが理由。

高斎 そうなんですか。

來夢 そうです。タロットは、私はプロになって三年目から、このままだと依存させてしまうと感じて、毎年立春から2月いっぱいだけ、期間限定でしかやらないんです。2020年で24回目くらいかな。傾向と対策というタイトルでやっているんですけど。
高斎先生のように、一周回ってそこだよねって気づける人ならいいんだけれど、関わり方によってはもうタロット至上主義になる人もいる。
いまだに夜中のダイヤルQ2の占いが廃れないというのは、深夜にあちこちに電話をしまくって、欲しい答えをいってくれる先生を求めているからだよね。それが霊感占いなのか、タロット占いなのか、という違いだけで。

高斎 そうですね。ちょっと不思議な力を求めちゃうんですかね。

電話占いの「いい占い師」「悪い占い師」の決め手

shutterstock_216474817來夢 電話占いの面接官もされているそうですが、いい占い師、悪い占い師の決め手はありますか?

高斎 まず占い師は、他人の人生に深くかかわり影響を与える仕事です。そこで、普段のメールや電話のやりとりを通じて常識的な人かどうかをチェックします。例えば、的を射た答えをくれるかどうか、メールに差出人の名前を書いてあるかどうか……本当にそのレベルからできない人が多いんですよ。
 そして、電話でオーディションを行うんですが、コミュニケーションに関して気を付けてチェックすることは大きく3点ですね。「共感力」「言葉の選び方」と「話の膨らませ方」です。

 まず、占いに限らずですけど、ほとんどの人が「共感してほしい」という願望を持っています。たとえ彼をストーキングしてしまう人でも、その熱心さややり場のない想いだったら共感できるじゃないですか。迷惑をかけることは認められないけど、そうせざるをえない彼女の想いを認め共感できれば、次のステップが考えやすいんです。

そして、会話で使われる言葉はとても大切で、何気なく話してても、その言葉ひとつひとつをお客さんは想像して、知らないうちに影響を受けているんです。言葉が「いや……」とか「じゃなくて……」から始まる人、いますよね。そういう人と話してると、だんだん気が滅入ってきますよね(笑)。ネガティブな言葉は人をネガティブにさせ、ポジティブな言葉は相手をポジティブにするんです。
さらに、落ち込んでいるお客さんの視点を変える言葉や、お客さんのレベルに合った言葉を持っている人は、占い師として強いと思います。語彙力が少ない占い師には、類語辞典をまめに引くようアドバイスしています。日本語って、なんて表現豊かなんだろうと興味が湧けば、言葉を扱う者としてうれしいですね。

そして、電話占いで稼ぐためには、鑑定時間を引き延ばさなければなりません(言葉が悪いですけど)。かといって、明らかな引き延ばしはクレームにもなるので、お客さんを満足させた結果、時間がかかってしまった……という形になるのが理想ですね。その方法は、「話を具体的に膨らませる」んです。そのほうが、お客さんの心に入っていきやすいんです。
占い師は、占術で導き出された象意から、お客さんの状況に合った言葉を紡いで届けるんですけど、お客さんに「私にもこんな明るい未来があるんだ! ワクワクする! 行動してみよう!」と思ってもらうためには、お客さんの「五感」に働きかけて、感情を動かす表現が必要ですね。そうするためには、時間がかかるものなんです。

占いに関して言えば、その結果が出た占術的な根拠を示してくれると、説得力が増すと思います。どのカードが出たから、とか、何星と何星がいい角度をとっているから、とかね。とはいえ、占術に関してはさまざまな流派や考え方があるので、必要以上に深く追求していませんけど、占い師の言葉が主観なのか、占術を元にしたものなのかは確認しています。

普段から言葉遣いや身振り手振りにも気をつける

shutterstock_1419108692來夢 高斎先生にとっての占いは、趣味であり仕事であり、切り離せないもの。ライフワークというか、生活そのものになっているじゃないですか。そういうなかで気をつけていることはありますか?

高斎 コミュニケーションに関しては全般的に気をつけているんです。しゃべり方もそうですし、身振り手振りや姿勢も。例えば手を隠して、うつむいて話していると信用できないじゃないですか。こういうレベルから気をつけます。

來夢 そうか。私、そんなこと考えたこともなかったけど。なるほどね。だからやっぱり指導しているからだね。

高斎 そうでしょうね。それがもう自分の身体に染み付いているというのはあります。ただ、やっぱり自分の心理状態でそれがうまく出せないときはあるわけです。うつむいてネガティブなワードばっかり使っていると、だんだん相手も不快な気持ちになってくるし、自分自身も落ち込んでくるんです。そこは気をつけていますね。

來夢 そのへんって本当のところ考えたことなかったけど、でも大切だね。

高斎 先天的にできる人はたぶん考えないですよね。先天的にできない人のほうが多いです。なので、占いが好きで、対面鑑定の占い師をやりたいという方がいたら、ゼロから指導をしています。

來夢 だから高斎先生のような存在が必要なんじゃないの? スポーツ選手のように、指導することによって、鍛錬や訓練でなんとかなるんじゃない。姿勢だとか、目を見るだとか、手とか。
あと、確かに私もセッションで指摘してあげたりするのは、「あなたは否定語ばっかり使ってるよね」って。「でも」「だって」みたいな。家庭環境や友人関係で自然とそうなっている可能性もあるじゃない。
逆に、自己啓発が好きな子たちなんかは、なんでもポジティブならいいと思っていたり。無理にやるから逆にネガティブに振れちゃうよね。
だから、一周してここにたどり着いたタロットのように、そういうのも、振り幅を持ってちょうど真ん中くらいでなじめればいいんだろうと思うんだよね。

高斎 そうですね。振り幅が大きくないと真ん中はわからないですからね。

來夢 そうなんですよ。だから言葉に気を付けるのも、鍛錬や訓練で身に付いていくんじゃないかなと思いますよね。セッションに入っちゃうと私は無意識状態だけど、言葉は言霊って私はずっといっているので、すごい大切だと思います。

高斎 それが、いざセッションになると、なかなか出てこないこともあるじゃないですか。いい単語だったり、ポジティブな言い回しだったりとか。それも初めて自転車に乗るときの訓練と同じように、自分の身体に染み付くまでなかなか時間がかかるんです。時間がかかっても、意識してだんだんと身体に染み付かせていけばいいと思います。もちろん僕も、まだまだ修行中です。

來夢 私は言葉=言霊だと身体的に感じているのかもしれないんだけど、やっぱりその人のニーズなんだよね、私の場合。私に叱られてばかりの人もいるし、褒められてばかりの人もいると思うのよ。
だから、10人が「來夢先生ってどんな人?」といったら、10人が違うことをいう可能性があるくらいで。
相手とのキャッチボールだからね。自分と相手とエネルギーが回っている。そして、私の自我とか主観とか価値観とかは一切ない。その人に必要なものを感じることなんですよね。
でもその前に、まずは基本をということだよね、高斎先生がおっしゃってるのは。

高斎 そうです。だから、ポジティブがいいとは限らないわけですよね。叱られたい人もいますし、駄目なところを指摘してほしいという人もいますし。

來夢 もともとネガティブな子にネガティブなことを言ったらつぶれちゃいますからね。うちのクライアントさんでも、ある有名な占い師にこてんぱんに言われて、もとに戻すのにけっこうな時間がかかったもん。いまだにトラウマだっていうよ。あのときのことがフラッシュバックするって。徹底的にダメージになっちゃう子もいるんだよね。だから、相手にどういう言い方がいいのか、これも気遣いだと思うんだけど。

高斎 相手の心に入ることのできる言葉があるわけですよね。それが厳しい言葉なのか、優しい言葉なのか。ただ否定を好む人というのは、あまり占いのお客さんとして来ない気がするんです。

來夢 確かにおっしゃるとおりかも。だから占いに来るんだもんね、背中を押してほしいとか。わざわざいじめられに来る人いないよね。

クライアントを六つのレベルに分けて見極める

shutterstock_159315359高斎 クライアントさんにもいくつかレベルがあります。話を聞いてほしいというレベルの人もいれば、もっと意識が高くて具体的なアドバイスが欲しいという人もいます。僕はそれを六つに分けているんです。

來夢 どんな六つなの? 

高斎 一番下のレベルが、娯楽として楽しみたい人。暇つぶしみたいな、あまり真剣味はない感じ。
その上が、話を聞いてほしい人。自分の感情の吐き出し口がない。
その次は、いい結果をいってほしい人。自分に自信がないとか、不安だとか。
そして、自分を理解してほしい。もっと深く理解してほしい人。
その次が、具体的なアドバイスが欲しい人。
最後がモチベーションが欲しい人。何か行動をしたいんだけど、この一歩の力が欲しい。

來夢 「今木星がきてるのよ」とか、そういうことね。

高斎 そうですね。今のところこの六つに分けています。あまり多いと初心者はなかなか見極めきれないので。

來夢 確かに、10人いればそれぞれニーズが違うじゃない。おっしゃったように、整理しに来る人とか、励ましてほしい人、慰めてほしい人、背中を押してほしい人とか。
あとは仕事で成功して環境が整ってくると、周りにイエスマンだけになるのよ。だから、真実をなかなかいってもらえない。そういう意味で叱ってくれる人がいなくなっちゃうことはある。だから叱るって大事だったりするんだよね。叱るって愛だから。どうでもいい人には叱らないからね。
やっぱり成功者って、みんな運を信じてる。そういう人には誰かしら、ご意見番的な先生がついてるから。そこに行って叱ってもらうんだよ、きっと。

高斎 叱るのはアドバイスかな。その前の段階の、理解をしていないとうまく叱れないでしょうけど。

來夢 そう、勿論アドバイスですよ。タイミングもあるし。「それは違うんじゃない?」とか、「普通に考えてみようよ。それおかしくない?」、あと「睡眠不足では?」「飲みすぎだよ」「食べ物に気をつけろ」とかね。

高斎 自分の中に、六つのレベルという基準を持っていれば、この相手はどのへんなのかなって体感的にもわかりやすくなるんです。話を聞いてほしいだけなのに、こっちがいらぬアドバイスを加えることもなくなる。

「占い女子」を育てる意義

shutterstock_62794411來夢 今回、フォレスト出版が、占いサイト日本最大手のテレシスネットワークと、芸能プロダクションICH(アイシーエイチ)とタッグを組んで、「占い女子」を発掘し育てていくオリジナル番組を始動したんですよね。
企画内容は、占い版「スター誕生」というか、占い女子のオーディションバトルから始まって。
私たちがオーディションで選んだ「占い女子」志願者たちを、高斎先生が教えていらっしゃるんですよね。そういうこともあって、「來夢の占いの達人」にゲストで来て欲しいと思ったんです。
そういう感じで、フォレスト出版で占い女子を育てているんですが、高斎先生のこれまでの経験が集大成になってきそうだと。

高斎 集大成であり、かつ、スタートですよね。

來夢 やっぱりそうやって教えていきたい? 伝えていきたい? どういうことなのかな。

高斎 世間で信用される占い師を育てていきたい……といったらおこがましいですが。日本に根付くような占い師教育の流れをつくりたい。

來夢 それは賛成です。

高斎 精神的に弱くて困っている子がたくさんいるんですよ。僕のところに鑑定に来る子は、リストカットしたり、向精神薬をたくさん飲んでいたりという人が多いんです。なかには、「見て見て、手首切った」と、血まみれの写真を送ってきた子もいました。
そういう子たちでも、占いがあることによって、その傷が人生の勲章だと思えるような生き方ができれば、それはそれでありだと思うんです。

來夢 もちろんですよ。人生のプロセスだから。あの苦しみがあったからこそ、今、人の痛みがわかる、つらさがわかるという経験を力として生き方に展開できるよね。
高斎先生はそのお手伝いをしていきたいということなのかな。

高斎 そうですね。その傷が自分の勲章だとポジティブに思える人をたくさんつくっていきたいなと。

來夢 すてき。私も「誰とつながるかが大事」と言い続けて25年が過ぎようとしているのだけど、そういう困っている子たちが高斎先生とつながれたのはいいことですよね。悪い人とつながったらもう大変だよね。だまされちゃう。

高斎 あります、あります。

來夢 バブルの頃から、オウム真理教のような、問題になるような新興宗教団体なども占いをツールにしてたから。大学のサークルだっていまだにそうだよね。近頃はあまり見ないけど、街角で、弱っていそうな人に「占わせてください」と近づいていったりとか。
私、クライアントや友人の親に泣きつかれたことがすごいあったの。絶対だまされるような子じゃないのに危険といえる新興宗教にハマったり。彼らはそういう嗅覚が半端ないんだよ、びっくりだから。

高斎 けっこうな数の占い師は、他人の不幸に敏感なんじゃないかと思うんですよね。占いの伝え方によっては、お客さんを不幸にもするし幸せにもする。ときには、意図しない方向へ導いちゃうこともある。
そこでコミュニケーション力がアップして、もちろん人間力が備わっていることが前提ですが……弱った人の心に響く言葉が届けられれば、その人は元気になれるじゃないですか。

來夢 すごくなれます。

高斎 伝え方一つなんですよね。

來夢 そういう占い師を高斎先生がたくさん育てていってあげられれば、街角で変な人にぶつかったりしませんよね。まあ今は街角よりもSNSに潜んでいると思いますけど。

高斎 いますね。

來夢 最初は無料なんだけども、その先でとんでもなくなるとか。その人にがっちりくっついて全部むしり取ってやろうみたいな輩もいるし。怖いですよ、本当に。
こういう傾向はますます二極化してくると思うんですよ。海王星魚座時代だから。詐欺の横行は巧妙化するからね。だからぜひちゃんとした占い師を育てていってほしいですよ。

高斎 占いって世間では誤解されやすいじゃないですか、怪しいとか、詐欺まがいだとか。
僕がコミュニケーションセミナーでまず教えているのが、占術をトップにして、コミュニケーションの力が下に来るというピラミッド。
この仕組みを会社組織に例えて説明しています。
頂点にある占術は社長なんです。こういう事業をやるぞ、こういうコンテンツを作るぞ、という方向性を示す。社員がそれに対していろいろな実務をやっていくわけです。
それと同じで、占術はベクトルを定める力があって、実際に働くのは社員である言葉の部分なんです。社長がいなければ、社員だけで何もできないじゃないですか。技術はあるけど、まとまったほうに力が向いていかない。なので、占術は社長だと僕は思っているんです。

來夢 要は、占術という軸があってでしょう。主軸がないとブレちゃうし、方向性も出ないし、どこに行っていいんだかわからないし、迷うし、惑うし。

高斎 そうなんです。なので、占術が一番大事なんです。
ただ、占いの業界でコミュニケーションを並行して教えるというのは、業界としてはあまりないことではないでしょうか。そういう意味では新たなトライアルだと思います。
実践をやらないとわからなかった部分もかなりあります。そして、実践以外に、自分で情報を得ること、考える力、時間も必要だった。じっくり原稿を書くことで語彙力もついた。だから、実践オンリーの人ではできないことをやっているのかなと思っています。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

umiwake

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


B-1710_rstuvwxyzea7xdg

カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


kotobagaanatanojinnsei

カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


骨リンパ

カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

shutterstock_683749414

角質層を健康に保つ5つの選択-肌がうるおうシンプルケアとは

2018.05.18

スキンケア


shutterstock_182074958

目尻のシワを改善する4つのケア-5歳若返る目元のつくりかた

2018.05.04

スキンケア


shutterstock_369387344

顔のむくみを解消する2つのアプローチ-リンパの流れを整える

2018.05.02

ライフ


shutterstock_1005731746

Vol.1 人生は春夏秋冬のサイクルでめぐる(春夏秋冬理論)

2018.04.30

來夢の「占いの達人」