癒しと上質な生活を手に入れましょう

  2019.10.17



Vol.10 「星の処方箋」が出せる市井の医者のようでありたい─その②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

_DSC7564 (1)

ムーンプリンセス妃弥子 (むーんぷりんせすひみこ)

西洋占星術・運勢学研究家、フォーチュン・アドバイザー。
幼い頃から天文学、ギリシャ神話に興味を持ち、故ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に神秘学、西洋占星学、カウンセリング技法などを学ぶ。占術家としてのキャリアは25年を超え、現在、朝のテレビ情報番組内での占いコーナーを担当する他、占い雑誌や女性誌、web,各種メディアに出演するなど、第一線で活躍を続けている。
“運はトレーニングすることでさらにより良いものに磨かれる”を信条に、運のトレーニング=「運トレ」を展開。マナーやライフスタイルはじめ、運の良い生き方の提案は常に各方面より幅広い支持を得ている。
著書に「ムーンプリンセス・タロット占い」(1989/12 池田書店)、「魔法使いになりたい女の子のためのヒミツの魔女っ子入門 」(1990/12 小学館ミニレディー百科シリーズ) 、「愛と神秘のタロット占い」(1993/4 成美堂出版)、「めくるだけで幸運を呼ぶ魔法のタロットカード 」(2007/12 マキノ出版)、「ムーンプリンセス・妃弥子の星座占い大事典」(2010/4? 中経の文庫シリーズ) 、
現在は「PHPくらしラク~る増刊号」(PHP)「健保」「トチペ」など他、多数執筆。

BLOG:ourage 毎日YOJO

enherb BLOG: 「ココロとカラダ」を整える月のバイオリズム

主な占術方法 : 西洋占星術/タロット

 

目次

1. 頭と心を常に柔軟にしておくことが大切

2. 西洋占星学を基本ベースにして、東洋占星学を補足的に活用

3. 占星術家として心がけていること

1. 頭と心を常に柔軟にしておくことが大切

shutterstock_627491795

來夢 ムーンプリンセス妃弥子という名前をいただいて、妃弥子先生の中で生き続けている覚悟というか、なにか、きっかけになった出来事でもよいのですが、お聞かせ願えればと思います。

妃弥子 そうですね、占い師になろうと思ったというより、ルネ・ヴァン・ダール研究所に入ったことで、自然に名前をいただいた経緯がありました。つまり、私の場合は名前ありきだったんですよ。

來夢 ムーンプリンセス妃弥子さんというお名前は、音的にも素敵な響きがあると思っています。

妃弥子 ありがとうございます。

來夢 私の場合は、両親がつけてくれた名前を使いたいと、先生はおっしゃってくれたのですが、私が「菜っ葉」がいいと言ったら、聞こえないふりをされたんですよ。

妃弥子 ああ「菜っ葉」ね(笑) その話は聞いた記憶がありますよ

來夢 先生に聞こえないふりをされたのは後にも先にも、あの時だけです。私はペンネーム的な名前にしたいと思っていたのに、本気で聞こえないふりをされました。

妃弥子 そんなところも、ルネ先生らしいですよね。

來夢 ごめんなさい、話が脱線して。
ルネ先生に私が「妃弥子さんには、すごく土を感じる」と言ったら、「うん、あの子は乙女座が強いからなぁ」とおっしゃったのを私、よく覚えているんですよ。
だから、私が土を感じたように妃弥子さんは乙女座が強い。

妃弥子 そう、私は牡羊座にも関わらず、土の気が強いですね。

來夢 それは分かります。ルネ先生も牡羊座で、先生は「陽の牡羊座」、妃弥さんは「陰の牡羊座」ですから、私はお二人を「太陽と月」のように感じていました。
たとえば名前をいただいてから、「私はムーンプリンセス妃弥子だ」という土台のようなものができていった感じですか?

妃弥子 これは賛否両論あると思いますが、「私はムーンプリンセス妃弥子だ」というように自信を持ってしまうと、それが逆に心の枷になってしまう気がするので、それはあまり意識しないようにしています。

來夢 妃弥子さんは、昔から本当にストイックですね。

妃弥子 ストイックなのかもしれません。自分の仕事に対して常に本物を目指すべき、真剣であるべき、と考えています。

來夢 確かに、気を抜くと火星の人が陥りやすいのは、過信ですからね。

妃弥子 過信って、自分ではそうと気づかない間に陥ってしまう「運の落とし穴」だから非常に怖いですよね。自信を持って仕事に取り組むことは大切です。でもそこで満足してしまうと、自信は過去のものになってしまう。つまり進歩をやめた姿が過信になるのではないかと。

來夢 なるほど。

妃弥子 私自身、カウンセリングをする際に一番気をつけなければならないことだと思っているんです。カウンセリングって、できる限り、私達セッションする側はニュートラルであるべきですよね。
それには、小さなことにでも感動できるピュアな感性を忘れないことも大事だと思うんです。大人として成長しつつも、童心も手放さない意識。これはルネ先生が「頭と心を常に柔軟にしておかなくてはいけない」と、言われていたことに通じると考えています。

來夢 特にこれからの時代、頭と心を柔軟にしておくことが大切だと思いますね。
それに、「こうに違いない」と決めつけてはいけないと、ルネ先生がよく言われていました。誰しも自分らしく自分のことを信じたいと思っているはずなので、私はそこがとても大切だという気がします。そして、私達は過信に気を付けながらも、自分を信じていかなければならない。

妃弥子 その通りだと思います。私たちの仕事はカウンセリングがメインになっていますが、クライアントさんに接する上で、自分らしさ、つまりアイデンティティはいつも再確認していくべきではないかと。そして、ホロスコープから読み取ったメッセージは純粋な気持ちで、相手の気持ちに寄り添いながら、その人が幸運の扉をあけるための道を互いに見つけ出していく。そのためのホロスコープ・カウンセリングだと考えています。

來夢 人には無限の可能性があるので、カテゴライズしないということも大事ですね。

妃弥子 そうですね。
ルネ先生は、「星を読む、ということはクライアントさんを知るためのツールであって、それを活用してクライアントさんの一部分を拝見させてもらい、占星術という世界観で、クライアントさんが抱える悩みに側面からそっと寄り添い、解決の糸口を共に見出していく」という考え方でしたから、そういう教えが私の中にもしっかり根付いているのだと思います。

來夢 いまおっしゃったことに加えて大事なのは、やはり「活用」ですね。
どんなに良い星を持っていても、また知っていても、星を活かせる人と活かせない人がいるわけで、私はそれを喩えて「長所と欠点は表裏です」とよく言っています。

妃弥子 見方を変えれば、長所だって欠点になり得るし、欠点だって長所になり得ますからね。

來夢 なかなかすべてが丸くならない。だから私たちは丸くなるために生きているわけで、ちゃんと丸くなったら大往生します、みたいな話ですよ。

妃弥子 まさにおっしゃる通りですね。

2. 西洋占星学を基本ベースにして、東洋占星学を補足的に活用

shutterstock_1319295101

 

來夢 『めざましテレビ』の占いコーナーが、12星座によるものというのは分かっていますが、他のカウンセリングなどを行う際の、基本ベースとなっている占術はどのような感じですか?

妃弥子 私は常に西洋占星学です。
ルネ先生は、とにかく基本をしっかり学ぶことが重要とおっしゃっていました。新しい理論を学びつつも、やはり昔からの基本的な西洋占星術に一番重きを置いて判断しています。
つまり、まずは12の星座、10のプラネット、12のハウスです。「そのホロスコープだけですべてが分かるんですか?」と聞かれることがありますが、人間である以上どんな理論を駆使しても、すべてを悟ったり、全てを語ることは不可能だと思うんですね。だからこそ、少しでも深く読み取るために占術家は、日々、努力し続けなければならないと思っています。

來夢 その時の環境とか問いかけ方によって、同じものでも違って見えたり、気づくことが違ったりもしますからね。

妃弥子 私もカウンセリングをしていて、いま來夢さんがおっしゃったようなことに気づいて、15年ほど前から「星磨き」と「運トレ」というキーワードで、研究とセッションを展開しているんです。

來夢 いいですね。私も「運活」ということを言ったりしていますが。

妃弥子 「運活」もステキなネーミングですよね。
例えば愛情運は金星も重要な星のひとつなのですが、金星が同じ位置、同じ角度を形成していても、一方の人は愛情運がすごく華やかなのに、もう一方の人はまったく愛情運が華やかでない、といったことが多々あるんです。それで一体、この差は何なのかと、研究をしてみたんです。すると、金星なら金星が磨かれているか磨かれていないかの違いではないか、という考えにたどり着いたのが、星磨き、運トレのきっかけです。

來夢 なるほど、星が磨かれているか、いないか。

妃弥子 そうです。原石も磨けば美しい宝石になりますが、磨かなければ輝かない。

來夢 埃をかぶってくすんでいたり。

妃弥子 「星磨き」で運が活性化する。運もトレーニングすることによって強くなっていくので「運トレ」をする。たとえばトレーニングをしなければ筋肉が痩せ細ってしまうように、良い運を持って生まれた人でも、運を鍛えなければ、だんだん脆弱になる可能性があるということです。

來夢 それは大事だと思いますよ。
たとえ星が一緒だったとしても、もちろん親も生まれてきた環境も異なるので、違って当然とはいえ、日々、クライアントさんとセッションをしていて感じるのは、親の影響と環境の違いです。

妃弥子 何といっても、親と環境は大きな要素ですね。

來夢 「三つ子の魂百まで」じゃないけれども、ご両親の様子がどのように影響しているかが重要になることが結構あって、両親が揃っているからいいとは限らないし、片親だからダメだとも言えません。なぜならその逆のケースもあるからで、そういう意味で「運トレ」とか「星磨き」は必要というより、必須でしょう。

妃弥子 そうですね。ご両親が持っている星が、ご本人の星にどのように作用しているかも重要なポイントです。中には、あまり困難な星が影響を受けていて、子供であるご本人が苦労することも少なくありません。
でも、別の角度のいい星を磨いてあげることによって、ご本人の運のバランスは見違えるように良くなるし、自分自身で「星磨き」ができるようになれば、未来への夢も希望も広がっていきます。私たちは、それをどのようにお手伝いするかということになります。

來夢 あと、隣の芝生が青く見えることも、運が良い人に限って気づかないということもありますね。
それに、星の良し悪しに気づかずにいる人がいる一方、結構葛藤していて波瀾万丈な人生を送っている人でも自分の星の良さを活かしている人もいます。

妃弥子 持って生まれた幸運というのは、何もしなくても自然に運に恵まれているので、なかなか気づかないということもありますね。
でも、運を逃して初めてそれがプレゼントだったことに気づくこともありますし、逆に苦労を通して人は成長できると考えています。占星学上の星の角度は、90度や180度は良くない、と誤解されがちですが、それは決して「単純に凶」ということではないんです。むしろ克己心を養う上ではとても大切だと考えています。

來夢 それは東洋占星学においても一緒ですね。運が良いから良いとは限らなくて、何事も克服しないと成長しないということがあります。

妃弥子 成長していくことに本当の意味がありますからね。

來夢 そのあたりを理解していないと、それこそルネ先生がおっしゃっていたように、「占い師に会った人が、また悩むような占いはするな」ということになってしまいます。
ところで、妃弥子さんは東洋占星学も取り入れていますよね。

妃弥子 専門家ではありませんが、九星気学、方位学は多少扱っています。

來夢 普段のカウンセリングにも活用されているのでしょうか?

妃弥子 はい、カウンセリングの際に、九星気学などを補足的に活用することはありますね。「引っ越ししたいのだけれども」と訊かれることも多いので方位学も活用しています。

來夢 そういう相談ですと、東洋占星学のほうがむいていますね。

妃弥子 やはり、引っ越しなどの相談は、西洋占星学だけでは、難しいですよね。
それに九星気学や方位学など、東洋の占術・哲学からも勉強になることは、とても多いです。

來夢 東洋人である私達の生活環境ともマッチしていますしね。

3. 占星術家として心がけていること

shutterstock_1283488957

來夢 日頃、ムーンプリンセス妃弥子先生として心がけていることは何でしょうか?

妃弥子 星というものを一つの扉にして、その人の運の傷ついたところや、風邪をひいたところなどに薬を塗っていくというか、その人の星に合った処方箋を見つけていくというのが、私がクライアントさんに対して心がけていることです。

來夢 なるほど。それは「星の処方箋」と言い換えることができそうですね。

妃弥子 そうです、まさに「星の処方箋」ですね。
また、クライアントさんから自分の悪いところを指摘してほしいと言われることが、よくありますが、何を基準にしているかによって良いも悪いも変わってきますから、基本的に良し悪しの問題ではないとお伝えすることも少なくありません。

例えば、企業の経営者、営業の人、あるいは主婦の方など、それぞれ生活環境によっても、星の読み方、アドバイスの方向性は変わってきますし、アプローチの仕方は人それぞれで異なります。ですから、私はアドバイスと言っても、こちらから一方的に語りかけるより、むしろ質問をメインに、その人への理解にウエートを置くようにしています。

來夢 質問は大事ですよ。質問されて、クライアントさん自身が気づくことがありますから。

妃弥子 私がこれでいいと思っていても、クライアントさんの希望にそぐわなければ、意味がありません。望む方向性は何かを判断する力は大事だと思っています。
また、その人がこうなりたいと願っていても、周囲の人がそれを望んでいなかったり、環境が許さないということもあります。それだと自分の願いがかなっても、お互いに幸せにはなれない。自分も周囲も幸せを感じられるように、お互いに歩み寄れる道を探っていくことが、やはり大切だと思うんです。

「北風」ではなく「太陽」になれる道。それには、どんな方法が良いのか、周りの気持ちも大事にしながら、クライアントさんが豊かな人生を歩んでいけるように星のメッセージを読み解いていきたいと思っています。

來夢 いまのようなお話をうかがっていると、先ほどから出ている「占い師に会った人が、また悩むような占いはするな」という、ルネ先生の言葉にすべて帰結しますね。

妃弥子 そうですね。「悩み」も大事ですが、それは闇に迷うような悩みではなく、希望に向かっての「模索」でありたいですよね。クライアントさんの生活にとって、星のメッセージが少しでも役立つことができれば本望だと思いますし、そのようにアドバイスしていくためには私達自身が日々研鑽しなければならないでしょう。要は人のための占いであって、自分のための占いではないということですね。

來夢 まったく同感です。

妃弥子 それに、私のアドバイスを受けた方が、あまり実るところがなかったら、それは私の力不足ということになりますが、とにかく当たるか当たらないかで占って、当たった場合、この人はすごいと言われるのも本意ではありませんし、この点は、ルネ先生に学んだ門下生全ての方に共通していると思いますよ。

來夢 誤解を恐れずに言うならば、当たる・当たらないという占いにすごく真摯に取り組んでいる人は、そこだけを重んじていて、一生懸命なのかもしれません。なぜなら自分のために当てたいんですから。

妃弥子 自分のためになりがちですね。

來夢 ギャンブルとかね。でも、それを人生に使うのは難しいと思いますよ。

妃弥子 ギャンブルも当たればいいというものではなくて、当たって大金持ちになったとしても道を誤る人もいますしね。

來夢 ですから人生は難しいということですよ。まぁギャンブルで一発勝負で当てるのはいいとしても、それは長い人生の中で一瞬のことですからね。

妃弥子 そうですね。
歌のタイトルじゃないけれど、人は誰もが、世界にたったひとつの大切な花。それぞれの人が星から祝福されて生まれてきているということを信じて、皆さんに心豊かな人生を歩んでいただきたいと願っています。

來夢 それが妃弥子さんの役割なのですね。

妃弥子 私、町のお医者さんのようでいたいと、つくづく思うんですよ。

來夢 赤ひげ先生みたいな感じで、「星の処方箋」が出せるお医者さんですね。

妃弥子 ええ、“運勢の市井の医者”のようでありたいと思います。

來夢 なるほど、いい感じですね。
今日は久しぶりに色々お話をうかがうことができてとても楽しかったです。貴重な時間をいただきありがとうございました。

 

※次回ご紹介するのは、西洋占星術の大家である明暗塾創始者・門馬寛明氏に師事し、同塾で人生指導論、占星医学論等々のライセンスを修得され、西洋占星術、インド占星術、タロット占いなどを手がけておられるミス・ペルセフォネー先生です。

広告枠

side_sns_btn

書籍の他もご案内

書籍の他もご案内しています
  • 書籍
  • CD/音声のご案内
  • セミナーのご紹介
  • 講師のご紹介


OFFER CONTENTS あなたへのおすすめ

カテゴリアイコン

男の子が生まれるママ 女の子が生まれるママ 「産み分け」を考えたら読む本

2015.08.06


カテゴリアイコン

あたらしい私のはじめかた You Can Heal Your Life COMPANION BOOK

2015.06.12


カテゴリアイコン

「言葉」があなたの人生を決める

2015.05.01


カテゴリアイコン

骨リンパダイエット

2015.04.30



PICK UP POSTS ピックアップ記事

専門医が教える!男の子・女の子産み分け完全マニュアル

2015.04.01

ライフ


体脂肪がみるみる燃える!3日間のプチ断食のやり方と3つの効果

2021.03.31

ヘルス


アドラー心理学とは?人生を幸せにするヒントがここにあります。

2021.04.30

ライフ


2021年最新版!施術前に知っておきたいマツエクの種類

2021.03.24

スキンケア


満月にすると良いこと、悪いこと | 満月はお願い事をしてはいけない?

2015.09.03

スピリチュアリティ